Category: Collectibles

ルート66のライセンス・プレート


アメリカの車に付けるライセンス・プレート。州によってデザインが万千万千である上に、かつ自身でも好きな数字やアルファベットの文字番号列が登録でき、非常に魅力的だ。このような「スペシャル・オーダー」は、通常より多少高めのお金を払って取得するのだが、大体US$100ドル前後(約1万2000円)、もちろん州によって多少の上下があるけど。自分のスタイルを追求するには決して高くない金額だ。
ルート66愛好家でも、「66」や「Route 66」は当然引っ張りだこで中々獲得できるものでもない。でもそんなファンに嬉しい措置として州が正式にルート66をデザインしたライセンス・プレートを出しているのだ。

ルート66オフィシャルプレートが出ているのは本日現在、イリノイ州、ミズーリ州、オクラホマ州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、そして今年の夏に加わったテキサス州の合計6州だ。筆者の居るカリフォルニア州、それに全長17マイルしかないカンザス州はまだそのブーム?に乗っかって来ない状況だ(泣)

これらが ⇩ それぞれの州のライセンス・プレート。

しかも何とニューメキシコ州は2パターン。

州ごとに独特なキャラを出して皆、カッコイイ。お土産屋さんで売っているコレクター・アイテムのプレートでなく、きちんと車両を買って登録して、という正式な手続きを踏まないと手に入らないものだけに、嬉しい反面、各州で車を買って付けたくなるような浪費を誘うエレジーも湧き上がる。
次にこれらの州に引越をした際は、私も是非付けてみたいと思っている。

とは言え、今まで住んだフロリダ州、ニューヨーク州、ニューメキシコ州、そして(通算一番長いであろう)カリフォルニア州、の4州において自分でスペシャル・オーダーをした経験は無い。理由は面倒だから。
大きな車両が好きでここ20年ほど四駆車しか乗らないという信念がありながら、実は車にあまり興味はないのだ(笑)
基本車は輸送手段、と捉えていて大きく、便利、そして安全であれば、後は余りこだわりがない。固執メーカーもない。できれば色は緑系が良いが、買うタイミングでそれがなければ待ったりしない。出会わなかった、それだけのことだ。
そんな私も一回だけプレートに拘ってわざわざ「こっちが良いな」と車両登録時に陸運局の担当者に申し出たことがある。
もともとニューメキシコ州は他の州とちょっと違い黄色のプレートを使用している。黄色のプレートというのは中々見たことがなく、どことなく派手さと泥臭さが混在したデザインが魅力的だった。簡単に言えば州旗がそのままプレートになった感じだ。プレートの真ん中に鎮座するジアの赤い太陽。州の説明によればこの二色はブルゴーニュ十字旗に由来し、トラスタマラ朝のイサベル1世と、彼女の指揮下にあったコンキスタド―ルを讃えているとのことだ。


そしてしっかりと書かれた「Land of Enchantment」。魅惑の土地、とでも訳そうか。仕事によるニューメキシコ州への転居が決まった際、このプレートを付けられることに非常にワクワクしたものだ。
が、しかし。転居のタイミングで大きなライバルが出現。
何とその年、2012年はニューメキシコ州はアメリカ合衆国議会が47番目の州として昇格さえた1912年1月6日より数えて100年目にあたってしまった。そのため州は100周年記念プレートして、これまやニューメキシコ州を代表するターコイスをモチーフとした綺麗な青色のプレートを発表。私の心は一気に鷲掴みされたのだ!


凄く素敵だと思いませんか???
⇩ これは当時の愛車達。


見事に二台ともターコイスにしてしまった。良く考えたら1台ずつにしとけばよかったな、と。

最後は話がズレちゃったけど、次に付ける機会があるのなら、どの州のルート66プレートだろうか?今から楽しみである。

Whitehall Mercantile が閉まっちゃう

dsc06933
ちょっと待ってくれよ!と、また言いたい残念なことが。。
今日11月7日付の「Ozarks Alive!」のニュースで、ミズーリ州ホワイトホールにある Whitehall Mercantile が30年超の時を経て、閉店を決めたらしい。幸いにも?まだ正式な閉店日は決まっていないみたいだけど。

dsc06928ジェリー・ホワイト氏は今年で83歳。確かに「お疲れ様」というべきかもしれないお歳だ。今はもう亡くなっている奥様、テルマさんと一緒にお店を開けたのが1985年、その年はルート66が正式に「退役」した年だった。もっともその後程なくして始まる「ルート66ルネサンス期」には多くの観光客がジェリーさんのそのお店を目指したものだと聞いている。

kaitlyn                          (Photo by Kaitlyn – Ozarks Alive!)

前回ジェリーさんに会ったのが2015年3月。Mercantile は毎日空いているわけではないので実は毎回毎回彼に会えるわけではない。電話で呼び出せば来てくれると思うんだけど、そうは言っても、だ。当時はそのつもりでは無かったのかもしれないけど、2階を含めお店の中をほぼ全部案内してくれた。

二階は古ぼけた(失礼!)家具が中心で、椅子や机の数が半端ない。もちろん長年に渡って体積された埃と塵が必要以上に年期に磨きをかける。真昼なのに、ちょっと冷たい空気とホラー映画っぽい若干クリーピーな感じが印象的。この写真は2015年のものだけど、このブログの最後に貼った1993年の映像と殆ど変わらないところが興味深い(笑)

一階にはまだこんなものあったの?!って言うような年代ものや、私が幼少期の車についていた大型のカセットテープもある。これは懐かしすぎて泣きそう(笑)

そうこうしながら店内をぶらついている時に目に入ってきたのがルート66の名物キャラクター、Rootie。ルート66 EZ ガイドという旅する誰もが愛読するガイド本を書いているジェリー・マクラナハン氏の生み出したものだ。このTシャツ欲しい!と思って聞いてみたら一点のみでサイズは Small。さすがに着れない。
その場でジェリーにテキストして彼の倉庫に他のサイズの在庫があるかどうか確認したら答えは NO。とうの昔に完売しているらしく、ある意味この Mercantile で販売されているのは「骨董品扱い」なのかな。

dsc_0388
今ルート66上で商売している人達は総じて年配の方が多い。毎年何人かがリタイヤしたり、健康を害したりでお店の存続が難しくなるが、今年2016年は取り分けこの手のニュースが多いと感じる。先人の皆さんがしっかり守ってきた歴史と遺産を、今度は私たちの世代が後世に伝えるべく努力して行く時になったのだろうか。

これは、とあるカリフォルニアの観光客が撮影した1993年、在りし日のテルマさんの様子。この3年後、初めて私はルート66を実際に走った。

 

 

 

Bill さんの見守る調印式

Shea Museum 1
イリノイ州でルート66の発展に大きく寄与する(と期待される)法案に昨日州知事が署名。オートバイのナンバープレートがルート66仕様の新しいデザインがオプションとして追加された。車両に対しては既にこのようなナンバープレートがあるが、バイクに対しては初めての試み。私はバイクに(未だ)乗らないので、直接的な影響は少ないけどこのようなニュースは嬉しいものだ。

イリノイ州ルート66プレート

イリノイ州ルート66プレート

法案署名の式典が行われたのは、旧 Shea Museum にあったガスステーションをそっくりそのまま移動した先、@同州スプリングフィールドのピザ屋さん。
式典には先日スプリングフィールドで開催されたお祭りの時に挨拶させて貰った、イリノイ州ルート66シーニックバイウェイの事務局長、Bill Kelly 氏も同席したそうだ。次に会う時はイリノイ州の今後のプロジェクトに関して意見交換をさせて頂く予定なので、その時にこの件も色々聞かせて貰おうと楽しみにしている。

その式典はさておき、今日ちょっと触れたいのは Shea Museum。先に述べたように現在ピザ屋さんがオーナーになってガスステーションはきちんと保存してくれている。
知ってる人も多いと思うけど、Shea Museumは、元々テキサコ系のガスステーションだったものがマラソン系に変わり、その後 Bill さんと Helen さんの夫婦によってルート66上でも最も著名なアイコンの一つ、”Museum” として生まれ変わった。

ビルさん

ビルさん

Museum には50年以上に渡って収集されたオリジナルのガスポンプ、木製電話ボックス、サイン、写真等、ルート66に関するありとあらゆるものが展示されていたんだ。今まで何人が訪れたんだろう?以前ゲストのサインブックを見せてもらったとき、何冊もある電話帳かと思ったことを憶えてる。
1993年にその功績を讃えられ、BillさんとMuseumはルート66の殿堂入り。彼の家族もその後確か2002年頃だったと思う、殿堂入りした。

残念ながら2013年12月、ビルさんは91歳の若さで永眠。(奥様ヘレンさんはその約1年後に永眠)Museum の記念品は全てオークションにかけられることになったんだ。私がBillさんと話がで出来たのは一回だけ。彼の体調や私の旅程なんかで中々タイミングが合わず、「じゃあまたね!」の約束を果たすことが出来なかった。

その後私が訪れることができたのは2014年10月。夕方のちょっと冷たい風と掃除されていない黄色い落ち葉の山が寂しさを一層煽っていた。完全に施錠されて閉まっている Museum を外から眺めていると、車椅子に乗った髭もじゃのオジサンが寄ってきて「ここは奴が居なくなってからずっとこのままさ。これからどうなるんだろうな。」と言いたいことだけ言って去ってった。

今回の調印式に数多くある幾つかのスプリングフィールドのアイコンで、なぜこの場所が選ばれたのかの経緯は知らないけど、BillさんとShea一家の功績が今一度スポットライトを浴びることになって本当に良かったと思う。
姿身は亡くなったけど、彼の魂はきちんと受け継がれ、そしてその形を変えて次世代に確実に受け継がれて行く。きっと天国から調印式を誇らしげに見てるんじゃないかな。ちょっと心が温かくなった。

 

 

 

 

GlassBoy Studio と Tourist Trap Tee

GlassBoy Studios
本日は友人のショップをご紹介。
この春、待ちに待った「GlassBoy Studio」が遂にオクラホマ州アーケディアにオープン。オクラホマ・ルート66を旅した人には染みの深い Round Barn の隣に建ってます。オーナーは Joel Rayburn 氏、ジョエルの本業はネオンライト作成だけど、それ以外でも最近では「Tourist Trap Tee」シリーズのTシャツでもルート66上にその名を轟かせています。

建物は元々グローサリーストアで建ってからほぼ100年近く経つ歴史的なもの。昨年夏よりジョエルさんが少しずつ開店に向け準備してきました

Tourist Trap Tee は、ルート66にまつわる都市伝説からヒントを得て作られたもので、私もネットで初めて見て速攻一目惚れ。これまた友人Bob Lile 氏の経営する Lile Art Gallery (@Amarillo TX)で最初の1枚を買って以来既に3種類持ってます(笑)どう?カッコいいデザインじゃない?

Tourist Trap Tees
お店の営業時間は、朝9時~夕方5時(火曜~土曜)、日曜日は午後1時~夕方5時。詳しくはホームページで確認をば。
http://www.touristtraptees.com/glassboy-studios/

オクラホマを旅する時は是非立ち寄ってみて!
ロゴがまたいい。

GBS Logo

Mother Road Bucks !

巷では一時ビットコインが世間を騒がせたけど、アリゾナ州ルート66アソシエーションで「Mother Road Buck」と呼ばれる紙幣が出来ました。
もちろんこれは仮想通貨ではなく、実際に使えるもの!
今年ルート66が生誕90周年を迎えるに当たっての記念品とでもいうのかな。
じゃあ肝心の?お札のと言えば誰が刷られてるのか気になるところだけど、下の見本をご覧あれ。
そう、ルート66ファンにはもはや説明の必要はないよね。

2016-Mother-Road-Buck-front

2016-Mother-Road-Buck-reverse

先日一緒にアソシエーションを運営している仲間から早速買ってきてくれ、という依頼が入りました。
この「Mother Road Buck」は、下記の場所でゲットできますよー!

  • Angel & Vilma Delgadillo’s Memorabilia Gift Shop, Seligman
  • Grand Canyon Caverns, Peach Springs
  • Powerhouse Visitors Center, Kingman
  • Kingman Railroad Museum, Kingman
  • Desert Diamond Distillery, Kingman

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »