Category: Movie / Film (Page 1 of 2)

友人 Rhys Martin

間違った印象を伝えたくないんだけど、ルート66は一年中走れるし、楽しめる。まずこれだけはしっかり憶えて頂きたい(笑)
が、多くのライダーはやはり冬はシーズンオフ。イリノイやミズーリの寒さは半端じゃない。以前ミズーリのあるモーテルに2月も後半に入ってから泊りに行った時のこと。「トシが今月初めての客だよ!」って歓待されたことが。。。汗

そんなオフシーズンも、3月の声を聴くと沿線上で様々なイベントが始める。残念ながら参加することは出来なかったけど、友人の Rhys Martin が2日、彼の地元であるオクラホマ州タルサで「The Allure of Route 66」と銘打って、2013年以来彼が愛して止まないルートの魅力について、彼自身の経験を基に講演する。(これを書いている段階では「した」が適切かな)
今日はちょうどそんなタイミングだったので、その Rhys Martin 氏を紹介したい。


Rhys は1981年、タルサで生まれた。28歳の時、彼は全てを投げ打って国を後にし、約10か月に渡って東南アジア、ヨーロッパをバックパックで歩きまわった。その時彼は「写真」に魅せられ、帰国後新しい目で自身の故郷や州の遺産を発見、その流れからルート66 に出会った。それ以降、Rhys は精力的にオクラホマ州を中心としたルート66 と、マザーロードを継ぐ大小様々な街を巡ってはその歴史的意義、素晴らしさを伝えている。Rhys の作品は「The Land」「Route 66 Magazine」「The Oklahoman」、そして「Tulsa World」等、多くの雑誌や書籍に掲載されており、自身でも”Cloudless Lens” を立ち上げ、Tシャツやカレンダー等、多くのデザインをプロデュースし、販売しているんだ。

これらは実際のカレンダーとオクラホマ&ルート66シールドのTee。私が持ってるのは赤いバージョンだけどね。

とは言いながら、私が Rhys と出会ったのはまだ僅か2年ちょっと前のことだ。ルート66のコミュニティでお互いの存在は知り合い、FB上では度々やり取りしたものの、実際に会ったのは2年前のタルサでのこと。Route 66 Alliance の Ken Busby 氏、「ルート66の父」Cyrus Avery 氏をお爺様に持つ Cyrus Avery III 氏、そして 「タトゥーマン」の愛称で世界中に知られる Ron Jones 氏を含めた5人でタルサで会食する機会を頂いた時だ。それまでのやり取りのせいか、初めて会った時も初めての気がせず、彼のルート66の深い洞察、真っすぐな愛情はすぐに理解できた。


カリフォルニアとオクラホマでは中々会う機会はないものの、ルート66のイベントになると多くの知人友人には約束せずとも会えるものだ。
昨年春のミズーリのへイゼルグリーンでガスコナーデ橋保存運動をした時は、朝早くから John’s Modern Cabin の見学に付き合ってくれた。Rhys と一緒に行動したからこそ、その時 Trail of Tears という、全く知らなかったネイティブアメリカンの歴史に触れることもできた。
https://en.wikipedia.org/wiki/Trail_of_Tears (日本語ページあり)

で、更にその夏には再び「Birthplace Of Route 66 Festival」でも時間を共にすることが出来、彼の愛妻 Samantha にも会うことが出来たんだ。


ルート66は、ルート66、そう只の道だ(笑)。そう言ってしまえば元も子もないが、私はルート66の一番の、そして最大の魅力は、彼を含む「人」だと思う。写真家、アーチスト、ヒストリアン、更には沿線上でお土産屋さん、モーテル、ダイナーを始めとする様々なビジネスを育む人達、ルート66をアメリカの歴史の大きな一部、財産として真剣に守ろうと、後世に伝えるために保存しようと一生懸命駆け回る人達、そんな沢山の素敵な人達に出会えたことは心から嬉しく、感動的ですらある。私はルート66を走り始めてから20年経つけど、つい数年前までは余り積極的に交流して来なかった。後悔はしていないけど、知人友人が増えてから以前とは比べものにならないぐらいルート66が好きになった。皆さんも、ルート66に出たら出来るだけ多くの人達と交流して頂きたい。
話が逸れちゃったけど、これが Rhys のオフィシャルサイト。
http://www.cloudlesslens.com/

たまたま YouTube で彼の1月に行った講演の模様を(スライドだけど)見つけたので、掲載します。時間のある方はお聴きください。

 

 

Award Winning “Hell or High Water” & Route 66

そこまで映画の話をするのが好きなわけではないんだけど、旬の話題なのでご勘弁を(笑)
昨日?だったのかな、アカデミーかオスカーかグラミーか、良く分からないんだけど(筆者はその手のものが大嫌いなので)発表にミスがあってネットニュースが随分騒いでたよね。その賞の一つに選ばれていたらしいんだけど、 “Hell or High Water” 皆さんはもうご覧になったかな?


その映画、撮影された場所のクレジットがトゥクムキャリ、モリアルティ、そしてアルバカーキ、とニューメキシコ州のルート66とドンぴしゃり!私の大好きな俳優さんの一人、Jeff Bridge 氏も素敵な演技を見せてました。

内容についてはネタバレになるから割愛。Hell or High Water は映画批評サイト、Rotten Tomatoes でも98%の 「Fresh 評価」を獲得してましたし、興業収入でも大成功になりました。
ただこの作品、元々予算は非常に低かったようでUS$ 1200万ドル強しかなかったらしいんだけど、積極世界中での興業成績は何とUS$ 3100万ドル!だそうですよ。
話の中では場所はテキサス州西部だけど、実際に撮影されたのはニューメキシコ州。同州はかなり寛大な映画税額控除プログラムがあると聞いているので、それが大きな理由になっていることはきっと間違いない。2015年の春に実際の撮影が始まった時、撮影場所は(Comancheria とリストされたけど)トゥクムキャリだったそうで、同街のルート66 のアイコン、Tee Pee Curios とRockin’ Ys’ Roadhouse を俳優さんたちが訪れたそう。

その他では、Portales(ポルタレス)、Clovis(クロヴィス)、それにEstancia(エスタンシア)等の小さい街々でも撮影が行われたらしい。

ディズニー作品の “CARS” のように、どうせならもっとルート66を盛り上げる材料に使ってくれればいいのにね。でも全く関係のないスクリーンで見るルート66は本当にワクワクするもんだよ。

では最後に恒例?、予告編の掲載です。



 

Fermosa Cafe とハリウッド映画


最近つとに人気のある映画「La La Land」、もう見た人は多いのでは?批判を覚悟で言えば、この手の映画は私の好みではないのでほぼ観ない予定なんだけど(汗)、ここに出てくる Cafe が何とカリフォルニア・ルート66では著名な “Formosa Cafe” だと聞いたので無視するわけにはいかない(笑)
Formosa Cafe は賞金稼ぎの Jimmy Bernstein 氏によって1925年に創業。その後パートナーを組んだ Lem Quon 氏が後を継ぎ、彼の孫 Vince Jung 氏に引き継がれた。聞いた話だけど何人かの従業員は40年、50年と働いていたらしい。
その Formosa Cafe、何と昨年クリスマスの直後に閉店してしまったというから、ルート66関係者は大慌て。閉店の理由は詳しく聞いていないんだけど、再開の目途はない模様。
但し!関係者をホッとさせたのはこの事実。実はこの建物は市の保存条例によって保護されているものの一つらしく(外装の殆どとネオンサインも含む)、建物の賃貸管理をする不動産会社は、向こう一年以内に長期契約をしてくれる顧客を探し、そのスペースを何等かの形で再開すると豪語しているとのこと。そう、建物は少なくとも残るわけだ!あー良かった。また一つランドマークが無くなるのかと冷や冷やしたよ。
Formosa Cafe が有名な理由はもう一つ(というか、これが一番かも)この場所の周りには大小多くの映画スタジオがあるので、俳優さんたちが撮影の合間なんかに寛ぎにに来ることで知られてるんです。古くには John Wayne、Elizabeth Taylor、Marlon Brando、Elvis Presley、Clark Gable 等多くの著名人の目撃記録が残っているらしく、今ではCher、Bono、そして Jack Nicholson さんが現れるとか現れないとか。(大きな声じゃ言えないけど)決して料理が格別美味しかったわけじゃないので、近年はそのようにハリウッドスターに会えるかも?で行くお客が多かったとも聞いてる。残念。

“La La Land” も良いですが、この Cafe、ロスアンゼルスではもう一つ超有名な映画に出てくる場所でもあるんです。分かります?そう、”LA Confidential” なんです。Kevin Spacey、Russell Crowe、Guy Pierce ら錚々たる名優さんたちが出てました。今ではスターとなった Russell Crowe は実はこれがハリウッドデビューだそうですよ!当時まだ若かった私も Kim Basinger の妖艶な魅力にクラックラしてたのを憶えています(笑)

では折角なのでその “LA Confidential” 、Cafe が出てくるシーンをご覧頂いて今日はおしまいです。

 

 

 

 

 

Route 66 + Mercedes = Superbowl #51

アメリカのスポーツファンなら誰もが楽しみにしている NFLスーパーボウル、
今年の開催日2月4日まであと一週間となったけど、試合はともかく当日流れるテレビの広告もまた話題の中心だ。
スーパーボウルは毎年一億人以上が視ると言われてる。私の記憶が正しければ昨年のCM料は確か30秒で500万ドル。放映権を買ったのもバドワイザー、コカ・コーラ、ペプシ、ホンダ、現代と「いつもの」ラインナップ。ちょっと前は所謂ドットコム系の会社ばかりだった年もあったことを考えると景気の上下を肌で感じる。

じゃあ何でそんな高いの?と言った経済論は私の専門ではないので遠慮させて欲しい(笑)今日お見せしたかったのは、やっぱりいつも「ルート66」
2018年メルセデスのロードスターと、ルート66と言えば「イージーライダー」という熱狂的なファンが多い、その映画の代名詞ともなる名曲「Born to be wild」がコラボしたスーパーボウル用のCM。
一瞬しか出てこないルート66、でもこの映像からのインパクトは大きい。
30秒で500万ドルってことは、1秒で約17万ドル。つまり約2000万円だよ!
スケールがデカすぎてもう良く分からない(笑)

 

 

 

空から楽しむルート66


さて、今日は紹介したいビデオが一つ。
イリノイ州、ミズーリ州で主に活躍する友人、Rich Dinkela 氏(通称 Roamin’ Rich)の最新映像。ここ2年ぐらいかな、彼は Aerial、そう空からの撮影に凝っていてドローンを利用した今までに無かった角度、視界からの新しいルート66を私たちに提供してくれています。


タイトルは “Most Amazing Views of Route 66 – An Aerial Documentary”
シカゴからロスアンゼルスへのルート66空飛行、50+分の旅をお楽しみください。Welcome Onboard!

 

 

CARS 3 – June 2017


昨年6月で第一作目が上映されてから10周年を迎えた、映画「CARS」。
今年2017年の6月16日にそのシリーズ3作目が放映予定になっているのは、ルート66ファンなら周知の事実だよね。
時折少しずつ公式映像がネット上に発表され、その期待は嫌でも高まるのだけど、最近また新しく公開されたのがこちら ⇩

前回の短編予告では事故のシーンがクローズアップされて、え・・・?っていう感じだったのだけど、今回は少なくとも主人公が(ルート66の)ラジエータースプリングスに戻る風景が、アメリカ・サウスウェスト地域の景色と一緒に出てます。
良かった、良かった。
何でも聞くところによると「CARS」は、興業収入10億ドル、関連商品の売上は過去10年間で100億ドルを超えているそうで、ピクサー社の作品群の中でもダントツだとか。

現実の話だけど、先日デトロイトであったオート・ショウに「CARS」の元ディレクター、John Lasseter 氏が登壇したそうで、その際、ピクサー社は今回の「CARS 3」のために(主人公も含め)何度もレーシングカーのデザインを一新したことを語ったと聞いた。それはそれで素晴らしいのだけど、映画のコンセプトがルート66を少し離れてレースに向かっているのかな、と心配も増えてきた。
あと半年も待つのか~。

Route 66: America’s Lost Highway Turns 90 by WSJ

あの、Wall Street Journal までがルート66、90周年を記念してショートビデオを制作しています。
内容は英語ですが、興味のある方はご覧ください。

http://on.wsj.com/2g17J00

California Route 66 & Joshua Tree N.P.:その④

Newberry Springs と言えば、バグダッドカフェ、だろうか。1987年に旧西ドイツで制作された映画でも有名な「あの場所」だ。多分日本のルート66ファンの方々の中でもトップ3を争う人気スポットではなかろうか。


Jevetta Steele さんが唄った「Calling You」のメロディが、ここを訪れると必ず頭の中を勝手に流れる。いやはや音楽とは恐ろしく影響力を持つものだ。
感謝祭の翌日なんぞ営業してるのかな?なんて思いながら行ってみたら、やってるじゃん!さすがだ。とは言えお客はまだゼロ。書かれている営業開始時間から30分ほど経ってから参上したんだけど、何とシェフもさっき着いたばかりで着替えてもいないらしい。「好きにやっていいよ」と、セキュリティのお兄さん。
「あなたに言われなくたってこっちの方が常連だよ」と心の中で悪態をつきながら、誰もいないのをチャンスとばかりに撮影開始。


オーナーのアンドレアさんは娘さんの住むロスアンゼルスに行っているらしく今日は不在。一通り無人のカフェの撮影を愉しみ、お兄さんに御礼を言って退散した。
ここを訪れたことのある人なら分かると思うけど、バグダッドカフェに誰も居ないって早々あることじゃないんだ。勿論皆、それぞれの時間を満喫しているので写真撮りたいからどいてなんて絶対に言えない。建てものの外だって必ず車やバイクの1,2台は最低でも停まってるものだ。

ところが今日はどうだ。いやー来てみて良かった。マジで。
オーナーさんと今回会えなかったのは残念だったし、朝食だってモーテルに付いているものをしっかり食べたから、例えシェフが時間通り来てたって注文なんかしないよ(笑)
誰も居ないってのは逆の意味でテンションが上がった。サンギビ、クリスマスなんかの祭日絡みは狙い目だね、きっと。
じゃあ折角なんで、Calling You の歌で本日はお別れです。

Cars 3 Teaser Trailer Released

来夏、6月16日公開予定の「Cars 3」一発目の予告動画が発表されました。

California Route 66 & Joshua Tree N.P.:その②

感謝祭当日は一部のスーパーやカフェを除き、ほぼどこも空いていないのでルート66を散策することに。カホンパスまで下ってみようとも思ったけど、昼食をできれば Emma Jean’s で食べたかったのでとにかくヴィクタービルまで。
だけど着いた時は既に午後3時近く。うーん、やっぱり出るのが少し遅かったな。
とは言え、今日営業していたかどうかは定かではないけどね。
これ 👇 前回食べたときのハンバーガー。なかなか美味しんだよ。

気を取り直し?閉まっていると分かっていながらルート66博物館へ。ここはルート66アソシエーション日本でもお世話になっているところ。基本毎週日曜日には友人の Delvin がボランティアで来客を案内しているので、もし日曜に
行くことがある方は、トシの友人だ!って言ってみてください(笑)
取りあえず愛車とともに、彼に見せる証拠写真を一枚。

vicmuseum1124
さて、ヴィクタービルから北へ延びる National Trails Hwy、ルート66号線。こういう道を走っていくんだけど、多分、多くの日本の方にはルート66のイメージってこういうんじゃないのかな、と思ったり。やっぱりカリフォルニアやアリゾナは日本人観光客にはきっと馴染みやすいし、荒野っていうのか西部劇っていうのか、そんなイメージだよね。途中で列車なんか走ってくると「鉄キチ」でなくともテンション上がる。

nationalhwy

そうこうしていると出てくるのが Oro Grande の街。ちょっと前に写真だけFBアカウントにも掲げたけど、結構いつもそれなりに人がいるんだよね。ピザ屋さん、それなりに人気あるし、この壁絵の前もいつも100%何等かの車が停まってる。でもさすがに今日ばかりは誰もいないね。ほんと、だーれもいなかった。得した気分。

Oro Grande の街を抜けて約7マイルぐらい走ると出てくるのが、この奇妙な?Elmer’s Bottle Tree Ranch。カリフォルニア・ルート66 ではトップ3を争う観光スポット。所有者はこのボトルを使った多くの傑作を生み出す Elmer Long 氏。彼のお父さんと一緒に旅した幼少時代からの収集品を溶接したものだとか。着いたときの時刻はもう午後4時すぎ。何と夕陽の時間だ。これから5時には真っ暗になっちゃう冬の季節。どっか行くにもこの時間帯までが限度か。ってことでちょっと夕方の雰囲気になってます。

たまたま YouTubeでBottle Tree Ranch の歴史を語るご本人のビデオを発見したので貼ってみる。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »