Category: Music (Page 1 of 3)

Road Crew – America’s Route 66 Band


2016年のニューイヤーズディよりスタートしたこのブログ。最初の題材は、夜中のネットサーフィンで何気なく発見した「Songs from the Mother Road」という、私のハートを一瞬で鷲掴みにしたタイトルのCDだった。すぐさまダウンロードして聴いた時の興奮と喜び、「こりゃ良いものに出会ったなぁ。次の旅のお供はこれだよ、これ!」は、今でもはっきり憶えている。
実際すぐには旅に出るチャンスはなかったものの、スマートフォンに落とし込みチャンスがあれば聴いていた。それから10か月、イリノイ州エドワーズヴィルで行われる「Miles of Possibility」という、イリノイ州ルート66アソシエーションが主催するカンファレンスで、Road Crew というバンドがゲスト出演するという情報を得た私は、それまで実は行こうかどうか迷っていたけど、主催者に即レス、参加する旨を伝えた。(Debyjo、Chery すまないw)


イリノイ州とは言え、エドワーズヴィルがあるのは州のかなり南、ほぼミズーリ州との境近辺だ。だから金曜日を一日だけ有給取れば、3日間は余裕で週末の素敵なルート66 小旅行に変わる。
Miles of Possibility は決してルート66愛好家の同窓会でなく、様々なテーマを決め、その分野の第一人者の講演や、各組織のプレゼン等を含んだ立派なカンファレンスだ。もちろん顔見知りの大所帯でのレクリエーションもきっちり行うので同窓会の側面もあるけどね(笑)

ルート66は8州に渡って 2,347 マイル(約3,945キロ)だけに、各地域の友人知人に会おうと思うと一苦労だけど、こういう集まりがあると沢山の友に一度に一カ所で会えるという最高の利点がある。この手のカンファレンスに出席するのは実は初めてだったけど、今後は可能な限り来ようと誓った。

話はいつものようにズレちゃったけど、その Road Crew の皆さんに会いたいのがメイン目的でサンフランシスコから飛んできたわけで。ちょっとでも話せたら嬉しいな。握手なんかできたら最高だろうな、なんて思いながら、小学生の時に松阪慶子さんに会いに行った時と似たような感覚でその夜まで過ごした。


その夜のステージは最高だった。
例のアルバムから数曲、知らなかった曲も幾つか、そして新しくリリ―スしたばかりのアルバム「Under The Neon」から。ルート66の生ける伝説、Tattoo Man、Ron を唄ったにした軽快なナンバーも心地よい。後でミーハーにも、ジャケットにサインまで頂戴したw


何もかもに満足したのに、その上何と彼らは非常に素敵な人達だった。全く気取らず、奢らず、普通の友人のように話してくれて、一緒に笑ってくれる。
やはりルート66のホスピタリティ精神は著名なミュージシャンであれ何の変わりもない。特にその中でもVocalとGuitarを担当する Joe は会う以前よりFBで繋がってもらったこともあり、とても仲良くしてくれる友人の一人だ。

自らを「America’s Route 66 Band」と呼ぶ Road Crew の4人組。今後も、いやずっと応援して行きたい。
最後に Road Crew の公式ウェブサイトとビデオクリップをどうぞ!
http://roadcrew.weebly.com/

 

安らぎを求めてErickへ

アーケディアのネオンフェスタ後、今回の最終訪問地であるテキサス州アマリロに向けて私は西へ西へと車を走らせる。
次の大きな目的は Erick という小さな街の偉大なエンターティナーに会うためだ。
Harley Russell、自らを「二流」と呼ぶルート66を代表する「一流」は今日もまた観光客を持て成す。
街の中心を横切るルート66を Sheb Wooley 通りで左折すると、見慣れた標識と看板で覆われた宮殿が見えてくる。変わっていない、そう変わるわけないか(笑)


ちょうど到着した時は建物の前に何も停まっていないシャッターチャンス。中からはもう帰るであろう観光客とHarley が会話をしているのが聴こえた。


「やあ、Harley 調子はどうだい?」内に開く網状の扉を開ける。
「おやおや誰かと思えば珍しい客だな」と、言葉と裏腹な人懐こい笑顔を顔いっぱいに出迎えてくれる。

相変わらず元気そうだ。「最近はどうしてる?」「今回はどこまで行くんだ?」「日本のツアー客はまだかい?」矢継ぎ早に質問の集中砲火。まあいつものことだ。とは言え、彼は特に質問の答えを早急に求めているわけではないのだ。

 

 

 

「まあ、いい。後ろの家の方でゆっくり話そうじゃないか、今日はもう予約は入ってないからな」笑顔そのまま「宮殿」から一本隔てた自宅へと導かれる。


「好きなとこに座んな。アイスティーでいいかな。これは俺の特製さ、美味いんだ、きっと気にいるさ」そう言われたら要らないとは言えない(笑)

そうやって私とHarley のゆっくりとした時間は様々な話をしながら過ぎた。なぜかこの場所に来ると、Harley と話をしていると気持ちが安らぐ。不思議な感覚だ。ルート66を愛し、音楽を愛し、旅を愛する。そんな共通点が国も人種も文化も全く違う人間を出会わせ何度か同じ空間に置く。何度も繰り返すが、これがルート66に魅了された楽しさの一つだ。私達の大きな違いは、彼は「一流」のエンターティナー、私は(そこそこ一流の)人見知りという点だ(笑)

どの位時間が経ったのだろうか。春から夏に移行する中世部は陽が長いが、もう夕方か。互いの近況や事情を一通り話し合った。楽しく、そしてゆっくりと落ち着いた時間をまた過ごさせてもらった。本当に寛げる安らぎに時間を与えてくれる Harley に感謝だ。

次の再会を約束して私はゆっくり腰を上げた。さて、いよいよテキサスだ。

追伸①:例のアイスティーは美味しかったけど、ちょっと甘いなぁ(笑)

追伸②:今日8月19日は、UKからの訪問客と元気にFBに載っている。人気者 Harley の夏はまだまだ終わらない。
(写真は彼自身のFBページより)

 

 

Arcadia Neon Fest 2017 ⑤:Arcadia の夜は永遠に

“Hey Toshi, Let’s meet to dine with us around 17:00! Will call ya later.” と、簡単なSNS メッセ―ジが届いたのはその日の午後2時すぎ。おいおい、こっちにも予定ってのがあるんだよ。そうならそうと早く言えよ!と腕時計と睨めっこしながら間に合う距離にいるのか再確認。
もちろん皆で一緒に夕飯するのは大きな楽しみの一つだけど、自分の予定は曲げられない。でもちょっとばかり足早気味に行動、彼らからの場所の連絡を待ちながらBristow、Depew、Stroud の街での撮影に精を出す。


時間を見ればもう4時を回っている。が、一向に連絡の兆しはない。まあこのままArcadia に向かえば5時過ぎには着くはずなのでピッタリだろうとばかりに(それでもフリーウェイには乗らず)ルート66をひたすら走った。

さて、時間は午後5時17分、Arcadia の街に入る。予定より若干遅れたが許容の範囲だ。が、一向に連絡がない。
“hey guys, where you all? Ain’t know the place yet.”
“Oh Toshi, forgot to text ya. We all at XXX.”
とまあいつもこんな感じだ(笑)
指定された店は典型的なアメリカン・フード。オクラホマのアメ食だ。心からホッとする。美味い。


どうやら結局かなりの大人数で行くことになったらしく、誰が行くのか何人行くのか誰もつかめておらず(最終的には30人を超えていたらしい)店には流れてきたものの適当にバラバラに座りそれぞれ楽しんでいる状況だ。
こういうの本当に楽で良い。苦手な方もいるだろうが、私はこういう方が断然性に合っている。

陽もすっかり暮れはじめ、まだ夜は肌寒いオクラホマ州の4月。Arcadia Neon Festa の2日目が始まった。昨日は Jim と Shelle のサプライズ結婚式だったが、今宵は仲間内ですっかり談笑。近隣 Yukon の街よりエルヴィスも甦り(笑)素敵なパフォーマンスで会を盛り上げてくれた。
ご本人の許可を貰っているのでちょっとだけその雰囲気を味わって頂きたい。

今回8州にわたるルート66のうち、5つの州から多くの友人が集まった。毎年夏場を中心にルート66沿線上各地でいろいろなお祭りや催しものが開催されるが、いつも一大家族のリユニオンのようだ。互いの元気な姿を確認し、最近どうだい?と仕事の話、家族の話、悩み話、下らないゴシップから政治の話までまるで本当の家族のように本音で気取らず楽しめる。
元々この集まりには最初から参加する予定では居たものの、今年の春に実は少々大きな決断をするに至った。だからこのフェスティバルで彼らに会うことは、オクラホマからテキサスを走っておくことは今回非常に重要だったのだ。

沢山の笑い声とアップビートな音楽に包まれてアーケディアの夜は更けて行く。

 

1966年のBob と Glenn


ちょっと前に話題になったことだけど、伝説のロック歌手(古いな表現がw)Bob Seger 氏が、昨年67歳の若さで他界した元イーグルスの Glenn Frey 氏を偲んで曲を書いた。「伝説の」とか書いたけど、実は彼が全盛期だった70年代中盤の姿を私は殆ど知らないんだ(笑)「まだ生まれてない」とか「幼かったからね」とか言わないよ。しっかり洋楽も聞ける時代だったし。ちょっと調べてみたらどうやら日本では余りブレイクしなかったらしい。


本国アメリカでは所謂「スーパースター」だったようで、分かり易い例えをすれば The Boss の愛称で有名な Bruce Springsteen 氏のような存在だったらしい。年間200本以上のライブをこなし、新譜をリリースすればメディアはそれを流し続け、アルバムは常にベストセラーだったそうだ。

そんな二人、実は共にデトロイト地域の出身で、それぞれが有名になるずっと前から友人だったそうだ。Seger 氏はローリングストーン誌のインタビューでこのように話している。
「これは商売じゃないよ、全く。コーラスだって無ければ曲のタイトルだって無いんだ。ただ単に僕が彼に最初に出会った1966年の、あの時の記憶の思い出にしたかっただけなんだ。」ナッシュビルに音楽スタジオでこの曲を録音したときも、テイクは1回か2回だったそうだ。「ドラムの奴にこう言ったんだ。これはある種のバラードだけど、思いっきり力づくで叩いてくれってね。違和感があるほどにね。何故かって?ビートの利いたバラード。それが僕の Glenn に対するイメージなんだ。」彼はそう続けてた。


その後 Bobと Glenn は幾つもキャリアの中で出会いを続けていたらしい。
代表的なものを紹介すると、Bob の最初のメジャーヒット曲 “Ramblin’ Gamblin’ Man” の後ろで Glenn はコーラスを担当していたようだし、イーグルスの名曲の一つ “Heartache Tonight” は Bob が共同で書いた作品とのことだ。

私が生まれた1966年に彼らは初めて出会っていた。自分とは全く関係のない世界のスター達の人生もちょっとしたことで勝手に身近に感じるのは妄想が激しいのだろうか。自分はもうミュージシャンではないけど、もし自分に何か起こったとき、こうやって唄ってくれる友達っているのかな、って。人生も後半に入ってちょっとそんなことを考えた。

そうそう、この曲 “Glenn Song” っていうんだ。超ベタな名前(笑)
でも iTunes なんかで無料でダウンロードできるんだってさ。カッコイイね Bob。

最後に YouTube の映像を。

 

 

 

 

California Route 66 & Joshua Tree N.P.:その④

Newberry Springs と言えば、バグダッドカフェ、だろうか。1987年に旧西ドイツで制作された映画でも有名な「あの場所」だ。多分日本のルート66ファンの方々の中でもトップ3を争う人気スポットではなかろうか。


Jevetta Steele さんが唄った「Calling You」のメロディが、ここを訪れると必ず頭の中を勝手に流れる。いやはや音楽とは恐ろしく影響力を持つものだ。
感謝祭の翌日なんぞ営業してるのかな?なんて思いながら行ってみたら、やってるじゃん!さすがだ。とは言えお客はまだゼロ。書かれている営業開始時間から30分ほど経ってから参上したんだけど、何とシェフもさっき着いたばかりで着替えてもいないらしい。「好きにやっていいよ」と、セキュリティのお兄さん。
「あなたに言われなくたってこっちの方が常連だよ」と心の中で悪態をつきながら、誰もいないのをチャンスとばかりに撮影開始。


オーナーのアンドレアさんは娘さんの住むロスアンゼルスに行っているらしく今日は不在。一通り無人のカフェの撮影を愉しみ、お兄さんに御礼を言って退散した。
ここを訪れたことのある人なら分かると思うけど、バグダッドカフェに誰も居ないって早々あることじゃないんだ。勿論皆、それぞれの時間を満喫しているので写真撮りたいからどいてなんて絶対に言えない。建てものの外だって必ず車やバイクの1,2台は最低でも停まってるものだ。

ところが今日はどうだ。いやー来てみて良かった。マジで。
オーナーさんと今回会えなかったのは残念だったし、朝食だってモーテルに付いているものをしっかり食べたから、例えシェフが時間通り来てたって注文なんかしないよ(笑)
誰も居ないってのは逆の意味でテンションが上がった。サンギビ、クリスマスなんかの祭日絡みは狙い目だね、きっと。
じゃあ折角なんで、Calling You の歌で本日はお別れです。

愛すべきエンターティナー RUSSELLS

harley
その稀有なエンターテイメント性とプロミュージシャンであった実力を持ちながら、自分で「二流の音楽創作家」と呼ぶ男が、オクラホマ州エリックという人口1000人程度の街にいる。彼のファンは世界中に居て、ルート66を旅する多くの人達はここを訪れ、彼と笑い、そして彼に癒される。
欧州からのバイクツアーは必ずここで留まって記念撮影をしている。そう、店構えから店内の細部に至るまでルート66の魅力がグッと詰まった宝箱を引っ繰り返したような展示品の山、山だ。

そんな男、Harley Russell のドキュメンタリーを描いた短編映画が、先週サンノゼで行われた San Jose International Short Film Festivalで上映されたらしい。知ってたら絶対見に行ったんだけど(涙)

私が Harley と初めてきちんと話をしたのは、実はまだたったの一年半ほど前だ。フラッと立ち寄ったにも関わらず、得意のギターを抱えて素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた上に、自宅まで案内して沢山の話を聞かせてくれた。
実は彼は2014年の秋、最愛の奥様 Annabelle を癌で亡くしている。Harley 曰く、彼女の才能とパフォーマンスの質の高さは折り紙付き。そして誰からも愛される人柄が彼は心底好きだったらしい。いやいや、私に言わせれば Harley 自身も相当凄いが、Annabelle は、私も一目お会いしたかった人だ。

harley-annabelle
元々二人で始めたこの音楽のパフォーマンス、きっかけは何気ないことから起こった。街のダウンタウンを通るルート66から南へ1ブロックのところで、彼らは健康志向の食料品販売を営むつもりだった。ある日、そこで偶々ギターの練習をしていた時、あるツアーの団体客がその演奏を見て大喝采。チップをどっさりテーブルの上に置き、ツアーのガイドさんはもっとこれから団体を連れてくることを彼らに約束して帰ったという。そうやってこのパフォーマンスは始まったのだ。

私もその時 Harley に「日本から絶対ツアーをここに引っ張ってくるからな」と約束した。いつか近い将来それが現実になるよう頑張らないと。

with-him
こちらがそのドキュメンタリー映画のトレイラ―です。

 

ラスベガスでのリユニオン

サンタローザの街を出て、朝の州道84号線を北に走る。土曜の朝だからか、他の車は少ないが、前を走っているバイクにちょっとルート66っぽさを感じる。

State Road 84 North
ラスベガスっていうと、殆どの人はネバダ州のラスベガス、すなわちカジノとエンターテイメントの街を思い浮かべるだろう。が、今日は違うラスベガス。人口は約15000人程度。街の中心には「プラザ」と呼ばれる公園があり、昔のコロニアル風な趣のある静かな街だ。とは言え、サンタフェトレイルが開通した時はそれはそれは栄えた街で、南西部では結構大きい街だったとか。バイカ―の愛する映画「イージー・ライダー」のロケ地でも有名らしく、私の友人も何かとうるさい(笑)

Into LV
インタステート25号線を降りて、ユニバーシティ通りをまっすぐ走って行くと、河を越えたあたりからこのような目抜き通りが現れる。とは言っても今は閉じている店も多い。
そこを更に行くとプラザに出るのだ。

着いたときは午後2時ちょっと前。茂さんの出番は3時ぐらいと聞いてたから、ピッタリ。今晩はプラザの真横に建っている由緒あるホテル、Plaza Hotel に泊まるので先にチェックインを済ませようとしたら、何とまだ準備が出きていないらしい。(このあたりは由緒ないなw)一応ホテルの名誉を守るために言っておけば、1882年創業の歴史があり、アメリカ国家歴史登録財にも指定されている素敵なホテルですよ。

さて、そんなことはさておき。車を停めてプラザへ皆さんを探しに。
あ、居た居た!ということで、パチリ。

img_6396
今日パフォーマンスする茂さんと奥様の美子さん、そしてゲンタさんに黒さん。皆さん私が日本でちょっと暮らした時にルート66がきっかけで知り合いになった素敵な方々。ルート66ってのは本当に色んな人を惹きつけるんだ。そうやって知り合えて、そしてルート66上の街で実際に会える。感動だよね。
茂さんを始め、このご三方には運営しているアソシエーションの一周年記念会でも演奏頂いた。その時の様子はアソシエーションのホームページ、6月20日付けで紹介しているので是非!

img_6448
あ、そんな事を言ってるうちに茂さんのステージが始まった。茂さん夫妻はこの日より一週間ぐらい早めに米国入り。現地の他のミュージシャンの皆さんと何度もリハをしたそうだ。
折角なので、ご本人様にも許可を頂いたのでその時の様子を30秒だけ。

全部で3、4ほどバンドが出てたけど贔屓目無しで茂さんのバンドが一番の喝采を浴びてし、本当に楽しい土曜日になった。茂さん夫妻は地元NMのサントドミンゴ・プエブロの方々達ともずっと親交があって、彼らもラスベガスまで駆けつけてくれた。皆で一緒にハイ、チリ・ヴェルデ!

dsc_1342
最後は近くのウォルマートや酒屋で仕入れ業務をしてお疲れ様会@茂さん夫妻の広い素敵なアップグレード部屋。あ、このホテルオバマ大統領夫人、ミシェルさんや、俳優のジェームズ・ウッズ、それに州知事のスサナ・マルティネスさんも泊まったことがあるらしいよ。
以前住んでたにも拘わらず、ちょっと空気の薄さにやれたのか最後は気分が悪くなって死んでしまいましたが。。。楽しい一日でした。おやすみなさい。。。。

img_6622

Justin Johnson on Route 66

ヤバい!超カッコいい人見つけちゃいました。
もう知ってるよ~っていう人もきっといるだろうけど、久々の衝撃。
彼の名前は、ジャスティン・ジョンソン。
ブルースを主としながら、ジャズ、カントリー、ロカビリー等様々なジャンルに精通しているギタリストさんです。
そんな彼が弾いている「Gettin’ Our Kicks on Route 66」、カッコ良すぎて泣きそう(笑)今日は素晴らしい日だ。

そしてブルース。

仕上げにジャズ。

何ともカッコイイ Mother Road Trio

motherroadtrio
The Road Crew の皆さんと親交させて貰って早一年。ルート66シーンにまた新たなバンドが出てきた。その名も「Route 66 Trio」。ジャズも好きな私にはその名を聞いただけでテンションが上がる。期待できそう!
と、思って iTunes に行ってみたがまだアップは無し。。。まだここでは売ってないみたいだ。
バイオを見るとバンドはアリゾナ州フラッグスタッフ出身の3人組、ジャズは勿論、ブルース、スイング、ジプシーソウルと、超期待できるジャンル構成に期待は膨らみます!

そんな彼らのビデオクリップから、”Black Wida” をお楽しみください。
あー早くアルバムが買いたい(笑)

 

 

Route 66 by Manhattan Transfer

軽快なジャズに仕上がった名曲「ルート66」、私の大好きなマンハッタン・トランスファーの演奏でお聴きください。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »