Category: Oklahoma (Page 2 of 2)

伝説のタトゥーマン

 

オクラホマ州バートルズヴィル。タルサから約30キロ、もう少し北へ行けばカンザス州とのボーダーにある、人口約35,000人の素敵な郊外の街に彼は住んでいる。
“Tattoo Man of Route 66” ‐ ルート66の世界で彼の存在を知らない人はいない。生きる「伝説」だ。彼の身体に100以上のタトゥー、そう刺青が彫ってある。足の指先から、腕、胸、腹、背中、そう文字通り身体中に。最近は場所が無くなってきて困っていて、とうとう髪の毛を剃って頭にそのスペースを求めている。
最初に彫り始めてから約18年、使ったお金はUSD$20,000 ドル(約230万円)を下らないそうだ。彫り師は数人いるそうだけど、カンザスの Gypsy というアーチストがそのうち一番多く、30 近く担当しているとか。


そして更にカッコイイのが彼の愛車、1956年製 Chevy。赤、青、白のアメリカ国旗三色で統一された何とも言えない輝きを放つ彼の相棒は遠くからでも一目で彼が来たと分かる。初めてタルサで会った時もそれでやって来てくれた。

そんなタトゥーマン、(本名は Ron Jones )Ron がある日こんなことを言って来た。

「なあトシ、お前のルート66に対する愛情と熱意に敬意を表してお前の名前を彫るから漢字で名前を書いて送ってこいよ」

はあ?一瞬どころか、二瞬も三瞬も耳を疑ったよ。
「俺の名前を彫るって?正気かいロン?」、こうとしか言えない(笑)
どうやら本気らしいので取りあえずそれから自分の名前を漢字で書いて送った。
それから1か月ぐらい経ったろうか。Ron の右の乳房の上に彫られた私の名前の写真が送られてきた。

2015年10月、イリノイ州エドワーズビルにて

この時の感動は今でも忘れないけど、その嬉しさをどんな言葉で表現していいのか困ったことが一番の思い出かもしれない(笑)
彼が一番最初に彫ったルート66のシールドから始まって、モーテル、ダイナー、Cars のキャラクター等様々な著名なアイコンやネオンがぎっしり詰まったその「身体」に一緒に入れて貰えるなんて!しかも同じ日本人でその時 Ron の身体に彫ってあったのは私の敬愛するルート66の大先輩、竹内章夫氏だけだ。(その後ラスベガス在住の素敵な写真家 Ken Kanazawa 氏も刺青のお仲間に)

Ron に後悔させないよう、今まで以上にしっかりルート66と向き合って、出来る限りのお手伝いをして行かなきゃね!

これはまた別の投稿で触れたいけど、同じく私達共通の友人に「The Road Crew」というルート66を中心に活躍する素晴らしいバンドがある。その彼らが昨年リリースしたアルバムに Ron に敬意を表して一曲書いているんだ。

今日の最後はそのナンバーを YouTube で。勿論ご本人達、登場です 🎶

 

 

 

週刊NY生活⑮

恒例の月一寄稿。オクラホマ州、終了です(笑)
お時間のある方は下記のURLで、29ページをご覧ください!

http://www.nyseikatsu.com/editions/623/html5/index.html

 

友人 Rhys Martin

間違った印象を伝えたくないんだけど、ルート66は一年中走れるし、楽しめる。まずこれだけはしっかり憶えて頂きたい(笑)
が、多くのライダーはやはり冬はシーズンオフ。イリノイやミズーリの寒さは半端じゃない。以前ミズーリのあるモーテルに2月も後半に入ってから泊りに行った時のこと。「トシが今月初めての客だよ!」って歓待されたことが。。。汗

そんなオフシーズンも、3月の声を聴くと沿線上で様々なイベントが始める。残念ながら参加することは出来なかったけど、友人の Rhys Martin が2日、彼の地元であるオクラホマ州タルサで「The Allure of Route 66」と銘打って、2013年以来彼が愛して止まないルートの魅力について、彼自身の経験を基に講演する。(これを書いている段階では「した」が適切かな)
今日はちょうどそんなタイミングだったので、その Rhys Martin 氏を紹介したい。


Rhys は1981年、タルサで生まれた。28歳の時、彼は全てを投げ打って国を後にし、約10か月に渡って東南アジア、ヨーロッパをバックパックで歩きまわった。その時彼は「写真」に魅せられ、帰国後新しい目で自身の故郷や州の遺産を発見、その流れからルート66 に出会った。それ以降、Rhys は精力的にオクラホマ州を中心としたルート66 と、マザーロードを継ぐ大小様々な街を巡ってはその歴史的意義、素晴らしさを伝えている。Rhys の作品は「The Land」「Route 66 Magazine」「The Oklahoman」、そして「Tulsa World」等、多くの雑誌や書籍に掲載されており、自身でも”Cloudless Lens” を立ち上げ、Tシャツやカレンダー等、多くのデザインをプロデュースし、販売しているんだ。

これらは実際のカレンダーとオクラホマ&ルート66シールドのTee。私が持ってるのは赤いバージョンだけどね。

とは言いながら、私が Rhys と出会ったのはまだ僅か2年ちょっと前のことだ。ルート66のコミュニティでお互いの存在は知り合い、FB上では度々やり取りしたものの、実際に会ったのは2年前のタルサでのこと。Route 66 Alliance の Ken Busby 氏、「ルート66の父」Cyrus Avery 氏をお爺様に持つ Cyrus Avery III 氏、そして 「タトゥーマン」の愛称で世界中に知られる Ron Jones 氏を含めた5人でタルサで会食する機会を頂いた時だ。それまでのやり取りのせいか、初めて会った時も初めての気がせず、彼のルート66の深い洞察、真っすぐな愛情はすぐに理解できた。


カリフォルニアとオクラホマでは中々会う機会はないものの、ルート66のイベントになると多くの知人友人には約束せずとも会えるものだ。
昨年春のミズーリのへイゼルグリーンでガスコナーデ橋保存運動をした時は、朝早くから John’s Modern Cabin の見学に付き合ってくれた。Rhys と一緒に行動したからこそ、その時 Trail of Tears という、全く知らなかったネイティブアメリカンの歴史に触れることもできた。
https://en.wikipedia.org/wiki/Trail_of_Tears (日本語ページあり)

で、更にその夏には再び「Birthplace Of Route 66 Festival」でも時間を共にすることが出来、彼の愛妻 Samantha にも会うことが出来たんだ。


ルート66は、ルート66、そう只の道だ(笑)。そう言ってしまえば元も子もないが、私はルート66の一番の、そして最大の魅力は、彼を含む「人」だと思う。写真家、アーチスト、ヒストリアン、更には沿線上でお土産屋さん、モーテル、ダイナーを始めとする様々なビジネスを育む人達、ルート66をアメリカの歴史の大きな一部、財産として真剣に守ろうと、後世に伝えるために保存しようと一生懸命駆け回る人達、そんな沢山の素敵な人達に出会えたことは心から嬉しく、感動的ですらある。私はルート66を走り始めてから20年経つけど、つい数年前までは余り積極的に交流して来なかった。後悔はしていないけど、知人友人が増えてから以前とは比べものにならないぐらいルート66が好きになった。皆さんも、ルート66に出たら出来るだけ多くの人達と交流して頂きたい。
話が逸れちゃったけど、これが Rhys のオフィシャルサイト。
http://www.cloudlesslens.com/

たまたま YouTube で彼の1月に行った講演の模様を(スライドだけど)見つけたので、掲載します。時間のある方はお聴きください。

 

 

週刊NY生活⑭

恒例の月一寄稿。やはり2回でオクラホマ州を突っ切るのは無理だったか。
ま、分かってはいたけどね(笑)
お時間のある方は下記のURLで、13ページをご覧ください!

http://www.nyseikatsu.com/editions/619/html5/index.html

週刊NY生活⑬

毎月恒例の投稿、新年はオクラホマ州からスタートです!
本文で「今年中にはサンタモニカに到着します!」と公言してしまったので、
頑張らないといけない一年です(笑)

http://www.nyseikatsu.com/editions/615/html5/index.html

ルート66仕様のナンバープレート

ちょっと前に話題にしたけど、いよいよ明日(12月19日、月曜日)からアリゾナ州でルート66仕様のナンバープレートが発売される。と、言っても注文を受けるだけで実際の受け取りは未だ先らしい。

これがそのデザイン  ⇩

くぅー モノトーンでカッコイイ!
販売料金のうち一枚につき$17は、そのデザイン元でもあるアリゾナ州ルート66協会に寄付されるんだって。そんな姿勢もまたまたカッコイイね。
アリゾナ州が言うには何でも2007年からここ10年間、この手のライセンス・プレートによる収益はUS$6600万ドルにもなるんだそうだ!もうルート66はニッチな分野ではないでしょ、これは(笑)
これまでルート66のライセンス・プレートが正式に州から発行されているのは、イリノイ州、ミズーリ州、オクラホマ州、とニューメキシコ州。

早く自分の住むカリフォルニア州でも出してくれないかと気を揉む年の瀬です。

 

愛すべきエンターティナー RUSSELLS

harley
その稀有なエンターテイメント性とプロミュージシャンであった実力を持ちながら、自分で「二流の音楽創作家」と呼ぶ男が、オクラホマ州エリックという人口1000人程度の街にいる。彼のファンは世界中に居て、ルート66を旅する多くの人達はここを訪れ、彼と笑い、そして彼に癒される。
欧州からのバイクツアーは必ずここで留まって記念撮影をしている。そう、店構えから店内の細部に至るまでルート66の魅力がグッと詰まった宝箱を引っ繰り返したような展示品の山、山だ。

そんな男、Harley Russell のドキュメンタリーを描いた短編映画が、先週サンノゼで行われた San Jose International Short Film Festivalで上映されたらしい。知ってたら絶対見に行ったんだけど(涙)

私が Harley と初めてきちんと話をしたのは、実はまだたったの一年半ほど前だ。フラッと立ち寄ったにも関わらず、得意のギターを抱えて素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた上に、自宅まで案内して沢山の話を聞かせてくれた。
実は彼は2014年の秋、最愛の奥様 Annabelle を癌で亡くしている。Harley 曰く、彼女の才能とパフォーマンスの質の高さは折り紙付き。そして誰からも愛される人柄が彼は心底好きだったらしい。いやいや、私に言わせれば Harley 自身も相当凄いが、Annabelle は、私も一目お会いしたかった人だ。

harley-annabelle
元々二人で始めたこの音楽のパフォーマンス、きっかけは何気ないことから起こった。街のダウンタウンを通るルート66から南へ1ブロックのところで、彼らは健康志向の食料品販売を営むつもりだった。ある日、そこで偶々ギターの練習をしていた時、あるツアーの団体客がその演奏を見て大喝采。チップをどっさりテーブルの上に置き、ツアーのガイドさんはもっとこれから団体を連れてくることを彼らに約束して帰ったという。そうやってこのパフォーマンスは始まったのだ。

私もその時 Harley に「日本から絶対ツアーをここに引っ張ってくるからな」と約束した。いつか近い将来それが現実になるよう頑張らないと。

with-him
こちらがそのドキュメンタリー映画のトレイラ―です。

 

GlassBoy Studio と Tourist Trap Tee

GlassBoy Studios
本日は友人のショップをご紹介。
この春、待ちに待った「GlassBoy Studio」が遂にオクラホマ州アーケディアにオープン。オクラホマ・ルート66を旅した人には染みの深い Round Barn の隣に建ってます。オーナーは Joel Rayburn 氏、ジョエルの本業はネオンライト作成だけど、それ以外でも最近では「Tourist Trap Tee」シリーズのTシャツでもルート66上にその名を轟かせています。

建物は元々グローサリーストアで建ってからほぼ100年近く経つ歴史的なもの。昨年夏よりジョエルさんが少しずつ開店に向け準備してきました

Tourist Trap Tee は、ルート66にまつわる都市伝説からヒントを得て作られたもので、私もネットで初めて見て速攻一目惚れ。これまた友人Bob Lile 氏の経営する Lile Art Gallery (@Amarillo TX)で最初の1枚を買って以来既に3種類持ってます(笑)どう?カッコいいデザインじゃない?

Tourist Trap Tees
お店の営業時間は、朝9時~夕方5時(火曜~土曜)、日曜日は午後1時~夕方5時。詳しくはホームページで確認をば。
http://www.touristtraptees.com/glassboy-studios/

オクラホマを旅する時は是非立ち寄ってみて!
ロゴがまたいい。

GBS Logo

お疲れ様、Laurel

Laurel
2016年1月28日、ルート66は大きな財産をまた一つ失った。ローレル・ケインさん(Laurel Kane)、オクラホマ州アフトンにあるパッカードミュージアムで多くのルート66愛好家を持成してくれた「母」だ。
前夫デイビッドによると、彼自身とローレルの娘さん、そしてローレルの長年の親友ロイ・マッコイさんらに看取られ静かに永遠の眠りについたという。

コネチカット州出身のデイビッドとローレルは、1930年代に 建てられた DX Gas Station を買って、1998年に2年間の月日をかけて修復。
2002年にオクラホマ州に移住しローレルは毎週毎週ルート66とミュージアムに訪れる観光客達に笑顔を振りまいた。
記録によればローレルは生前、約18か国から来た7000人以上のお客さんを持て成したらしい。

私が彼女に会ったのは実はたったの一回、それもわずか2時間程度だ。暑い8月の土曜日の午後だった。「早く来ないと閉めちゃうからな」、そうロンに言われてなぜか必要以上に車を飛ばした。私は残念ながら「虫の知らせ」のようなデリケートな感覚は持ち合わせちゃいない。それまでにミュージアムは合計3回ほど立ち寄ったけど、一度もローレルには会ったことがなかった。だからだろうか?「今回はどうしても会わないと帰れない」、なぜかそう思ったことは憶えている。

「一期一会」、この言葉を今日ほどはっきり、強く、鮮明に感じたことはない。
あの夏に出会えて良かった。本当に短い時間だったけど、話が出来て本当に良かった。日本でルート66のアソシエーションを立ち上げたことを心から喜んでくれた。

彼女の笑顔は、ホスピタリティの心は、そしてルート66への情熱は、この共通の「道」を愛する大勢の旅人の中に永遠に残ると思う。
ローレル、お疲れ様。安らかに。

McJerry & EZ Guide

ルート66を旅しようと考えている人には必須のこのガイドブック。
日本のそれとは違って、手描きのイラストにターン・バイ・ターン(詳しい道順)の解説がぎっしりと書きこまれている。
全編英語表記ではあるけど、これほど詳しく情報がしっかり入っているガイドブックは他にない。
日本国内でもこちらのサイトから購入可能 ↓
http://route66.jp/route66shop/

EZGuide

著者のジェリーさん、通称マックジェリーは実は大の日本好き。
というかアニメ好き。意味は分からずとも?日本語でしっかり昔のアニメ主題歌を歌ってくれます。中には私の知らないものまで(笑)
いやはやアーチストの脳内構造というものはきっと私のような凡人には想像できないものなのでしょうね(笑)

私が彼のギャラリーを訪ねたときは彼の自慢の1957年製の愛車に乗ってハンバーガーを食べに連れて行ってくれました。
私たち二人ともこの年代には勿論、生まれてないけどねー。

 

Page 2 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »