Category: Transportation

ルート66のライセンス・プレート


アメリカの車に付けるライセンス・プレート。州によってデザインが万千万千である上に、かつ自身でも好きな数字やアルファベットの文字番号列が登録でき、非常に魅力的だ。このような「スペシャル・オーダー」は、通常より多少高めのお金を払って取得するのだが、大体US$100ドル前後(約1万2000円)、もちろん州によって多少の上下があるけど。自分のスタイルを追求するには決して高くない金額だ。
ルート66愛好家でも、「66」や「Route 66」は当然引っ張りだこで中々獲得できるものでもない。でもそんなファンに嬉しい措置として州が正式にルート66をデザインしたライセンス・プレートを出しているのだ。

ルート66オフィシャルプレートが出ているのは本日現在、イリノイ州、ミズーリ州、オクラホマ州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、そして今年の夏に加わったテキサス州の合計6州だ。筆者の居るカリフォルニア州、それに全長17マイルしかないカンザス州はまだそのブーム?に乗っかって来ない状況だ(泣)

これらが ⇩ それぞれの州のライセンス・プレート。

しかも何とニューメキシコ州は2パターン。

州ごとに独特なキャラを出して皆、カッコイイ。お土産屋さんで売っているコレクター・アイテムのプレートでなく、きちんと車両を買って登録して、という正式な手続きを踏まないと手に入らないものだけに、嬉しい反面、各州で車を買って付けたくなるような浪費を誘うエレジーも湧き上がる。
次にこれらの州に引越をした際は、私も是非付けてみたいと思っている。

とは言え、今まで住んだフロリダ州、ニューヨーク州、ニューメキシコ州、そして(通算一番長いであろう)カリフォルニア州、の4州において自分でスペシャル・オーダーをした経験は無い。理由は面倒だから。
大きな車両が好きでここ20年ほど四駆車しか乗らないという信念がありながら、実は車にあまり興味はないのだ(笑)
基本車は輸送手段、と捉えていて大きく、便利、そして安全であれば、後は余りこだわりがない。固執メーカーもない。できれば色は緑系が良いが、買うタイミングでそれがなければ待ったりしない。出会わなかった、それだけのことだ。
そんな私も一回だけプレートに拘ってわざわざ「こっちが良いな」と車両登録時に陸運局の担当者に申し出たことがある。
もともとニューメキシコ州は他の州とちょっと違い黄色のプレートを使用している。黄色のプレートというのは中々見たことがなく、どことなく派手さと泥臭さが混在したデザインが魅力的だった。簡単に言えば州旗がそのままプレートになった感じだ。プレートの真ん中に鎮座するジアの赤い太陽。州の説明によればこの二色はブルゴーニュ十字旗に由来し、トラスタマラ朝のイサベル1世と、彼女の指揮下にあったコンキスタド―ルを讃えているとのことだ。


そしてしっかりと書かれた「Land of Enchantment」。魅惑の土地、とでも訳そうか。仕事によるニューメキシコ州への転居が決まった際、このプレートを付けられることに非常にワクワクしたものだ。
が、しかし。転居のタイミングで大きなライバルが出現。
何とその年、2012年はニューメキシコ州はアメリカ合衆国議会が47番目の州として昇格さえた1912年1月6日より数えて100年目にあたってしまった。そのため州は100周年記念プレートして、これまやニューメキシコ州を代表するターコイスをモチーフとした綺麗な青色のプレートを発表。私の心は一気に鷲掴みされたのだ!


凄く素敵だと思いませんか???
⇩ これは当時の愛車達。


見事に二台ともターコイスにしてしまった。良く考えたら1台ずつにしとけばよかったな、と。

最後は話がズレちゃったけど、次に付ける機会があるのなら、どの州のルート66プレートだろうか?今から楽しみである。

CARS 3 – June 2017


昨年6月で第一作目が上映されてから10周年を迎えた、映画「CARS」。
今年2017年の6月16日にそのシリーズ3作目が放映予定になっているのは、ルート66ファンなら周知の事実だよね。
時折少しずつ公式映像がネット上に発表され、その期待は嫌でも高まるのだけど、最近また新しく公開されたのがこちら ⇩

前回の短編予告では事故のシーンがクローズアップされて、え・・・?っていう感じだったのだけど、今回は少なくとも主人公が(ルート66の)ラジエータースプリングスに戻る風景が、アメリカ・サウスウェスト地域の景色と一緒に出てます。
良かった、良かった。
何でも聞くところによると「CARS」は、興業収入10億ドル、関連商品の売上は過去10年間で100億ドルを超えているそうで、ピクサー社の作品群の中でもダントツだとか。

現実の話だけど、先日デトロイトであったオート・ショウに「CARS」の元ディレクター、John Lasseter 氏が登壇したそうで、その際、ピクサー社は今回の「CARS 3」のために(主人公も含め)何度もレーシングカーのデザインを一新したことを語ったと聞いた。それはそれで素晴らしいのだけど、映画のコンセプトがルート66を少し離れてレースに向かっているのかな、と心配も増えてきた。
あと半年も待つのか~。

Save the Gasconade Bridge 経過報告


ちょっと前の話になってしまうけど、ミズーリ州へイゼルグリーン近郊のガスコナーデ橋存続に関して、昨年12月9日のポストで「14日に公聴会が開かれます」と、紹介させて貰った。それほど大きな貢献は出来ていないけど、自分自身も関わっている問題として、それがどのようになっているのかその後の流れを少し説明しようと思います。

MoDOT(ミズーリ州交通局)の発表している内容はこちら。(英文のみ)
http://www.modot.org/central/major_projects/Laclede.htm

前回ポストも書いたように「何もしない」というオプションを除けば、議題に上がっているのは全部で5つ。それら提示内容は上記ウェブサイトで見れるけど、簡単に要約すると:
②橋を改築、一般車両(普通トラックを含む)のみ通行可能とする。
予想費用は約USD$440万ドル。
③現存の橋を解体、同場所に新しく橋を建設する。
予想費用は約USD$430万ドル。
④現存の橋を解体、同場所に同じ形の橋を再建設する。
予想費用は約USD$550万ドル。
⑤現存の橋と、I-44の間に新しく橋を建設。現存のものは使用しない。
予想費用は約USD$412万ドル。
⑥I-44との逆側に新しい橋を建設。6マイルほどの迂回が必要になる。
予想費用は約USD$580万ドル。
という感じ。


住民側(特に保存を訴える団体)は、「取り壊しでなく修復」を根幹とした主張をしているので、それに応えるとなれば一番安価なオプション⑤より少なくともUSD$30万ドルは多くかかるわけ。そうなると、その後の人件費やメンテ費等も含めてより多くの出費を伴うことが予想されるから、MoDOTにとって最良の選択とはかけ離れていくのは明白。さらに MoDOT の文書に賛否両論の一部として記載されているように、例え修復された場合も依然として橋を通行にするにあたっては、車の高さと重さ制限の問題は残るわけで。。。
つまり住民の使用する大型農業機械は通れないし、I-44 で事故が起こった場合の迂回道路としての役割も果たすことはできないんだよね。
うーん頭が痛い。

今月中旬までは多方面からの様々な意見を聞く姿勢を見せてくれているから、一人でも多くの人が「建設的な」意見を MoDOT に送付してくれることを願うのみ。
年末には予算に関する審議会も開かれたようなので、その点もまたお伝えします!

Save The Gasconade Rally by David Schwartz

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »