Category: Travel (Page 1 of 7)

週刊NY生活連載第23回:アリゾナ州パート②

恒例の月イチ投稿、今回はアリゾナ州メテオ・シティからフラッグスタッフまでの旅です。本当はもっと先まで行きたかったんですけどね(笑)
https://www.nyseikatsu.com/editions/655/html5/index.html

Route 66 on LA Times


ちょっと前になるけど、Los Angeles Times に記載されたルート66の紹介ビデオを今日はシェア。全国紙が取り上げる内容としては西海岸に偏っているけどそこはご愛嬌。

 

 

 

週刊NY生活連載第22回:アリゾナ州パート①


恒例の月イチ連載。今月からやっと第7番目の州、アリゾナに入りました。
今回はアリゾナ・ルート66東部をご紹介しています。

https://www.nyseikatsu.com/editions/651/html5/index.html

Shamrock 2018 Route 66 Festival


「シャムロック」と聴いたら皆さんは何を想像するだろうか。アイルランド、クローバー、はたまた緑色の山高帽をかぶった髭のおじさん?変な言い方だがいずれも正解?だ。シャムロックでググってみると(イメージには)これらの画像のオンパレードだ。アイリッシュ系の人々は世界各地に散らばっているせいか、毎年3月のセントパトリック祭のパレードやお祭りはニューヨークを始め、とても多くの国や街で体験できる。ここテキサス州ルート66 の街「シャムロック」でも例外ではないのだ。

テキサス州シャムロックの歴史は19世紀後半まで遡る。正式には、1911年にウッドリー氏が市長に就いた時が街の創立とされ、最近2011年には街の100年祭が盛大に行われたのだけど、街の名前であるシャムロックは、未だ街が街になる前に郵便局を設置したニッケル氏の母親(アイルランドからの移民)が常に幸運をもたらすように、とシャムロックという街名を提案したことに由来する。
こういう「ストーリー」って素敵だよね。


街で一番有名なのは、大手ガス会社である Conoco の Gas Station と U-Drop Inn Cafe のアールデコ調建物。Cafe は現在観光案内所であり、お土産屋さんとしても活躍している。華やかな建築デザインは目をひくけど、夜は夜でネオンが灯り一層綺麗になる。

皮肉な話だけど、私の記憶では 2年前は無かったはずなのだけれど、今年の春にはもう使われなくなったガソリンステーションの裏に TESLA のチャージャーが立ち並んでいた。。。(絶句)


もともとシャムロックはテキサス・パンハンドル地域ルート66での最も大きな街だけに古くから宿泊場所も多い。
伝説のモーテル、「the Sun ‘n Sand Motel」は1953年にレストランを併設して28部屋で開店。現在は存続しないため、そのポストカードは大人気を誇る。が、当時のモーテルの建物一部は残っており、その名前を「ルート66イン」に変更して今も営業中だ。

from James R. Powell Route 66 Collection

そんなシャムロックの街で来年2018年、ルート66シャムロック・フェスティバルが開催される。テキサス州ルート66 アソシエーションの主催で、彼ら曰く来年度、ルート66上のお祭りでは最も大きなものの一つになる予定だそうだ。
幸いにも?開催のアナウンスが早かったので(今年の春には聞いていた)私もしっかり自身のスケジュール帳にしっかり書きこみ参加を予定している。
フェスティバルの公式ホームページはこちら ⇩
http://www.shamrock2018.com/

興味のある方は是非足を運んで頂きたい。
2018年7月12日からの3日間、是非現地でお会いしましょう!

後記:
そうそう、シャムロックという言葉をその後ググってみたら、シャムロックはアイルランド語でクローバーの意味の seamair 又は若い牧草を意味する seamróg を、似た発音で読めるように英語で綴った語だそうだ。アイルランドではシャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表しているとし、キリスト教の布教に利用したとか。面白いね。

 

George & Cool Spring Station


アリゾナ州クール・スプリング・ステーション。それはまるで何処かの異星に居るような気分に浸れる。同州キングマンの街より走ること約25分、それは何もない場所にポツンと佇む - アリゾナ・ルート66を代表する人気スポットの一つだ。

クールスプリングス集落は1920年代に出現。しかしその後他州同様、1950年代にルート66が街を迂回するようになった後は急激に寂れ、現存のこのステーションだけが残った。ステーションのオーナーである Ned Leutchner 氏は、1997年にルート66を旅した際この土地に一目惚れ。数年かけてこのステーションを購入した後、外観を改装して 2004年12月からお土産屋(兼)博物館(兼)ガスステーションとして開業し始めた。

George Chicago、自身をバイキングの末裔と言いデンマーク国旗を常に掲げる心優しい大男に会ったのはつい最近、2014年のことだ。多い日は数十人ほどの来客があるらしいが、その日は天気が良いにも関わらず3月というシーズン前だからか、私が彼と過ごした2時間あまりの間には殆ど誰も来なかった。


ミネソタ出身のMR バイキングの末裔、退役した後にアリゾナの辺境に辿り着いた彼と、日本を飛び出しアメリカに居場所を求めた放浪癖のあるホテルマンの私に接点などない。が、まるで前から知ってるかのように色々な話が出来たのはとても嬉しい思い出である。

その一年後に再開した時、また私達は1時間超えの話に花が咲いたが、突然ジョージは屈託のない笑顔で私にこう言った。
「トシ、今回が無理なら次はいつ来るんだ?その時は裏にある俺のトレーラーハウスに泊まれる時間を作れよ。飛びきり美味いウオッカと星空をご馳走するよ。」
次の話をするなんて珍しいな、と思い私はこう続けた。
「じゃあ寒くなる前に来なきゃな。ここだって秋冬は冷えるんだろ?」

「お前の住むカリフォルニアから比べたら寒いかもな、ははは。」
「急かせるわけじゃないんだが、ここだけの話。実は俺な、タイに行くことにしたんだ。だからそう長くここには居られない。まだはっきり日は決めてないがな。」
「タイだって?何でまたそんな遠いところに?行ったことあるのか?アジア人の俺でさえないぞ(笑)」
「誰にも言うなよ、彼女が出来たんだよ。それで一緒に彼女の国に”帰る”ことにしたんだ。」
よく見たら一年後もジョージは同じような恰好をしていた。


こういう友人が幸せになるって話は本当に嬉しい。
心から祝福しジョージが行ってしまう前に必ずもう一回来ると約束して別れた。

その後知り合いからこんなニュースを聴いた。
「Cool Springs Camp が住み込みでのお世話人を探しているらしいよ」

どうやらジョージとの約束は果たせないまま終わってしまったようだ。

昨年キングマンを訪れた際、車を飛ばしてステーションに行ってみた。
まだジョージの後釜は見つかっていないようだ。
あのトレーラーハウスは無く、ステーションも閉まったまま。


時折ネイティブアメリカンがお土産物を店横で広げては何も言わず通り過ぎる車を見つめていた。
私はドアに残された、確かに訪れた跡を確認してキングマンへ向かって帰ることにした。

追記:
このステーションのお世話をしてくれる人はまだ募集中とのこと。
Leutchner 氏曰く、新しくお世話人になることの「特典」として、
①モーターホームに住んで快適な生活ができる
②ルート66のアイコンで、地球上で最も「カッコイイ」場所の一つに住める
③もちろん電気、水道(新鮮な井戸水)完備。
しかも、
④公共料金、家賃は無料!(オーナー払い)
⑤販売員、サービス業の経験があれば何と給与も考慮だって!

やってみたい人は Leutchner 氏に連絡を!(笑)

週刊NY生活連載第21回:ニューメキシコ州パート③


恒例の月イチ投稿。今回はアルバカーキ、ギャラップ、コンチネンタル・ディバイドとニューメキシコ州の残りをご紹介します。State of Enchantment「魅惑の州」の完結編をお楽しみください。

https://www.nyseikatsu.com/editions/647/html5/index.html

Texas State Line

アメリカ国内を車で旅をする際に、州を越える時のワクワク感は何度経験しても堪らない。インターステート(フリーウェイ)でなく、それが一般道なら猶更だ。
つまりそれがルート66なら猶更の二乗なのである。

ルート66は全部で8州にまたがってシカゴ~サンタモニカ間を繋いでいる。そう、だから州越えは7回経験できるわけだが、どうもこのオクラホマ州からテキサス州へ抜ける際が個人的には一際、印象的なのだ。

何か特別なことがあるわけではない。”Texas State Line”の看板が一本立っているだけの極めて「普通な」境界線だ。いや「線」と書いたが、線があるわけでもない。言わば何の印も線もないのだ。
全米で二番目に大きいテキサス州。パンハンドルと呼ばれる北の一部を通るだけのは確かだが、そのテキサスに入るにあたって標識一つ、なわけだ。
もしよそ見をしていたら完全に見過ごす。景色自体が変わらないため、いつオクラホマ州を出てテキサス州に入ったかなんて普通は分からない。

だから、だから気になるのだ。逆に印象的で、好きなのだ。

昔、日本のTV局がタレントを起用してルート66を走る特番を作った。そのタレントさんはこの州をまたぐにあたって、無い線の上をあたかも境界線があるかのように(局のシナリオで)ジャンプさせられていた。もう少し気の利いた絵柄が取れなかったんだろうかと未だにここに来ると思いだす。

何もない州境。今回は20分ほど佇んでみたが、自分以外通った車両はなかった。
明日はどうなんだろうか。

安らぎを求めてErickへ

アーケディアのネオンフェスタ後、今回の最終訪問地であるテキサス州アマリロに向けて私は西へ西へと車を走らせる。
次の大きな目的は Erick という小さな街の偉大なエンターティナーに会うためだ。
Harley Russell、自らを「二流」と呼ぶルート66を代表する「一流」は今日もまた観光客を持て成す。
街の中心を横切るルート66を Sheb Wooley 通りで左折すると、見慣れた標識と看板で覆われた宮殿が見えてくる。変わっていない、そう変わるわけないか(笑)


ちょうど到着した時は建物の前に何も停まっていないシャッターチャンス。中からはもう帰るであろう観光客とHarley が会話をしているのが聴こえた。


「やあ、Harley 調子はどうだい?」内に開く網状の扉を開ける。
「おやおや誰かと思えば珍しい客だな」と、言葉と裏腹な人懐こい笑顔を顔いっぱいに出迎えてくれる。

相変わらず元気そうだ。「最近はどうしてる?」「今回はどこまで行くんだ?」「日本のツアー客はまだかい?」矢継ぎ早に質問の集中砲火。まあいつものことだ。とは言え、彼は特に質問の答えを早急に求めているわけではないのだ。

 

 

 

「まあ、いい。後ろの家の方でゆっくり話そうじゃないか、今日はもう予約は入ってないからな」笑顔そのまま「宮殿」から一本隔てた自宅へと導かれる。


「好きなとこに座んな。アイスティーでいいかな。これは俺の特製さ、美味いんだ、きっと気にいるさ」そう言われたら要らないとは言えない(笑)

そうやって私とHarley のゆっくりとした時間は様々な話をしながら過ぎた。なぜかこの場所に来ると、Harley と話をしていると気持ちが安らぐ。不思議な感覚だ。ルート66を愛し、音楽を愛し、旅を愛する。そんな共通点が国も人種も文化も全く違う人間を出会わせ何度か同じ空間に置く。何度も繰り返すが、これがルート66に魅了された楽しさの一つだ。私達の大きな違いは、彼は「一流」のエンターティナー、私は(そこそこ一流の)人見知りという点だ(笑)

どの位時間が経ったのだろうか。春から夏に移行する中世部は陽が長いが、もう夕方か。互いの近況や事情を一通り話し合った。楽しく、そしてゆっくりと落ち着いた時間をまた過ごさせてもらった。本当に寛げる安らぎに時間を与えてくれる Harley に感謝だ。

次の再会を約束して私はゆっくり腰を上げた。さて、いよいよテキサスだ。

追伸①:例のアイスティーは美味しかったけど、ちょっと甘いなぁ(笑)

追伸②:今日8月19日は、UKからの訪問客と元気にFBに載っている。人気者 Harley の夏はまだまだ終わらない。
(写真は彼自身のFBページより)

 

 

週刊NY生活⑳:ニューメキシコ州パート②

恒例の月一寄稿。ニューメキシコ州第二弾!サンタローザの街から北上し、ラスベガス、そして州のハイライト、サンタフェをご紹介します。お時間のある方は下記のURLで、13ページをご覧ください!

https://www.nyseikatsu.com/editions/643/html5/index.html

週刊NY生活⑲:ニューメキシコ州

恒例の月一寄稿。今月は遂にニューメキシコ州に入りました!が、ニューメキシコ州について四の五の語っていたら結局トゥクムキャリの街までしか紹介できませんでした(汗)さあ、先は長いぞ~!お時間のある方は下記のURLで、13ページをご覧ください!

https://www.nyseikatsu.com/editions/639/html5/index.html

Page 1 of 7

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »