Category: Media Page 2 of 10

週刊NY生活月イチ連載 SEASON 4: Vol. 11 街道を彩るネオンサイン

何だ、また被ってんじゃないか、と言われそうだけど、毎月恒例の日系情報誌「週刊NY生活」紙にて連載中「さあ行こう!魅惑の旧街道ルート66」SEASON ④の今月は、このブログの前に投稿したネオンサインの話をしてみた(笑)
ネタがないわけじゃなんだけど、中々仕事と両立するのもね、っていう言い訳を少ししながら、でもね、内容は全く同じわけじゃないんだよ 😅

記事全文は週刊NY生活ウェブサイト ⇩ まで (18ページです)
https://nyseikatsu.com/editions/858/858.pdf

ネオンサインの誘惑

ルート66が誘うノスタルジーな世界。それはネオンサインに代表されるわけだが、ではそのネオンサイン、実際にルート66沿線上には幾つあるのか?答えは「分からない」だ 🙏

幾つか検索をかけてみたけど、どうもきちんとそれに対して言及している文献は発見できず。。💦 また時間を見つけて探してみようっと👍

私の従事するホテル業界は、コロナ禍の影響で空前の危機に晒されている。一時よりはマシになったものの、廃業、休業は後を絶たない。
でもね、何もやることがないわけでなく、お客さんが来ない今だからこそやっておくべき「修繕」という仕事があるんだ。
それが理由ではないのかもしれないけど、ルート66上でも昨年よりネオンサインの修繕、修復、そして新たな設置に関するニュースが増えたように感じる。

最近から遡って幾つかあげれば、
*Road Runner’s Retreat, Essex, California
*Heart of Route 66 Auto Museum, Sapulpa, Oklahoma
*Route 66 Corridor, Tulsa, Oklahoma
*Ozark Court Motel, St. Clair, Missouri
*Shamrock Court, Sullivan, Missouri
*Route 66 Themed Neon Wall, Uranus, Missouri
*Bel-Aire Motel Sign, Springfield, Illinois
*Gearhead Curious, Galena, Kansas
と、挙げればキリがないほど最近のネオンサインに関する動きは活発だ。

と、まあこれが今回このネオンサインの話を書いてみようと思ったきっかけなんだけど、じゃあそもそもネオンサインって何?
それは、「希薄なネオンなどのガスを封入した長い発光ガス放電管によって点灯する電飾看板のことで、歴史をたどれば、1898年、イギリスの科学者ウィリアム・ラムジーとモリス・W・トラバースによって発見された。」とのことだ。
私には何のことだか今一つ分からないので、あまり深堀はしないでおくが🤐 ネオンサインの誕生は、1902 年のフランスだそう。同国の Air Liquide(エア・リキッド)社が、空気の液化事業の副産物として、工業的な量のネオンの生産を始めたと言われている。その後、同社はパリで開催されたモーターショウや、幾つかの展示会での成功を経験したことで、そのビジネスとしての可能性を発見し、1923年にクロード・ネオン社によって、ロサンゼルスのパッカード自動車販売店に 2台のネオンサインを売ったことから、アメリカでのネオンサイン文化は始まったとのことだ。
アメリカでは 1920年代から1950年代にかけてネオンサインは大流行!ちょうどルート66が発展し、全盛期を迎える時期と重なるという事実は非常に興味深いよね。

じゃあ次はそのネオンサインがルート66で流行った原因は何?ってことになるんだけど、ルート66の全盛期は、各ビジネスの競争が激しく、何とかして他の強豪より人目を引くことが重要。ってことで常に何か特別なことをしなければならなかったわけで。
そこに登場したのが、ネオンサインだった。沿線上のモーテルやダイナーはいち早くこのネオンサインに注目した。繰り返しになるが、ルート66きってのノスタルジックなアイコンであるネオンサインが、旅人で賑わうルート66沿線上に光り輝く並ぶ姿は、さぞ素敵だったであろう 😍

そんな中、Route 66 News でニューメキシコ州、トゥクムキャリが、ネオンサイン天国となった重要な要因が発見された、との報道があった。
皆もよく知っているように、トゥクムキャリの街は決して大きくない。国勢調査でも過去に一度も人口が9,000人を超えたことはないはずだ。
ただ、実際は最盛期のトゥクムキャリには、ルート66のメイン通りを中心に数十のネオンサインがあったと言われているし、現在でも、この歴史的な通りには、約 25 のネオンサインが、さまざまな修理・修復の状態で残っているのだ。 以前この街は「トゥーカムカリ・トゥナイト 」というスローガンを掲げ、合計2,000室ものモーテルが存在し、多くの観光客を誘致したので、ネオンサインが多く残っているのはそれが大きな理由の一つであろうと長年思っていた。

“Tucumcari Tonight!”

記事を読むと、1939 年初頭の地元紙の記事と広告に、ネオンサインの会社が当時街に進出したことが書かれていたらしい。同年3月の「トゥクムキャリ・デイリー・ニュース紙」には、ある会社が電気ネオンサインの製造工場を設立したと報じられ、そしてこの会社が「ニューメキシコ州内唯一のネオン工場」であったことが書かれている。

Route66News より

当時その会社はルート66メイン通りから北へ数ブロック行ったところにあり、現在その場所には老舗の保険代理店が建っているそうなので、次回トゥクムキャリを訪れるときは是非その場所に行ってみたいと!
ってことで、宿題がまた一つ増えてしまった😎

そうこうしている際にネット上で「Top Neon Signs on Route 66」などというサイトがあったので、人気のあるネオンサインを私自身で撮影した写真を使ってご紹介。
順位は私個人の意見とは異なるのでご了承を。

【10】Waylan’s Ku-Ku Burger, Miami, Oklahoma

マイアミの誇るバーガーショップ。建物自体が巨大な鳩時計を模していて、正面には巨大な黄色い鳩が突き出ている。もちろん幻想的なネオンサインもあるけど、夜行ったことがないのでネオンサインの写真は撮ったことがない。1960年代にできたファーストフードのドライブイン・チェーンで唯一現存する店舗。かつては200近い店舗があったとか。

【9】Hill Top Motel, Kingman, Arizona

アリゾナ州キングマンにある、1954年開業の伝統的な家族経営モーテル。結構な値段がし、ネオンサインは自称「キングマンで最高の眺め」だとか。個人的には昔少々イザコザがあり、絶縁中(笑)

【8】The Dog House Drive In, Albuquerque, New Mexico

「60年以上にわたってルート66を旅する人々にハンバーガーやホットドッグを提供してきたダイナー。このネオンサインは、犬が楽しそうにソーセージを食べてしっぽを振って喜んでいるユニークなもの。」だそうだ
ごめん、行ったことない😅(なので写真は借り物)

【7】Rest Haven Court, Springfield, Missouri

「ルート66誕生の地」、ミズーリ州スプリングフィールドにあるこのネオンサインは、ルート66の写真家大人気。さまざまな色のネオンを表示し、とてもよく手入れされてる。本当に映えるよ。当時のマンガーモスのオーナーが自分のモーテルにこのデザインを取り入れるきっかけになったのもこの看板という逸話もあり。

【6】Teepee Curios, Tucumcari, New Mexico

徒歩すぐの斜向かいにあるモーテルとネオンサインの双璧をなすティーピーショップ。以前はガソリンスタンドだったこの建物も、現在ルート66のお土産を豊富に取り揃えたアイコン的なキュリオショップに。大きなコンクリート製のウィグワムが建物の前壁に融合しているところが、この建物の珍しいデザインを引き立たせてるね。

【5】Wagon Wheel Motel, Cuba, Missouri

ルート66で最も古いモーテルの一つで、1934年に建てられた。このモーテルは他の多くの物件と同様、国家歴史登録財に登録されている。ランドマークであるネオンサインは60年以上立っていて、東側から来る旅行者にのみはっきりと見える、という隠し技あり。

【4】Wigwam Motel, Holbrook, Arizona

第4位入賞は、アメリカに 3つしか現存しない「ウィグワム・ビレッジ」の一つである、アリゾナ州ホルブルックのモーテル。ワゴンウィールと同じくこちらも国家歴史登録財に指定。2006年のピクサー映画「カーズ」でも「コージーコーンモーテル」というネオンが輝くモーテルが登場、これは明らかにウィグワムモーテルにインスパイアされたもの。日没後に明かりが灯されると、15 棟のウィグワムがさらに目を引くよ。

【3】Blue Swallow Motel, Tucumcari, New Mexico

ルート66 沿線上のモーテルの中でも最も有名で、その理由にネオンサインがあげられる。1939年に建てられたこのモーテルは、クラシックなルート66のノスタルジーを完璧に表現している。1993年に国家歴史登録財に登録されている。

【2】Munger Moss Motel, Lebanon, Missouri

1940年代から旧ルート66の象徴として、立ち寄る価値のある存在であり続けるマンガーモスの象徴的なネオンサインは、2010年に修復され、ルート66のレトロなネオンサインの輝かしい見本となっている。モーテルの格部屋にはテーマがあり、再訪するお客を飽きさせない工夫も。

【1】Dell Rhea’s Chicken Basket, Willowbrook, Illinois

ルート66の人気ダイナーであることは間違いないが、モーテル界の横綱を抑え、堂々の金メダル。確かに美味しいんだけどね、ここが 1位かぁ。。うーん、文句は言わないよ😉
この建物とクラシックなネオンサインは、2006年に国家歴史登録財に指定されている。ここもね、ランチでしか行かないから夜のネオンサインは撮ってないんだ。

皆さんの意見はさて?

2022-03-06


週刊NY生活月イチ連載 SEASON 4: Vol. 10 旅のプランはしっかりと

毎月恒例の日系情報誌「週刊NY生活」紙にて連載中「さあ行こう!魅惑の旧街道ルート66」SEASON ④は、今月はちょっと宣伝ぽい仕上がりになっていますが、これからルート66へ行ってみよう!という方々には知りたい項目満載のはず。

とはいえ、恐縮だけど、そこにわざわざ明確な回答は書かなかった🙏
実際に有料なオンライン講座にてお話していくわけだから、お金を払ってくれる人に「損した~」と思ってもらわないための苦肉の策。ご勘弁あれ。

紙面では特定の企業の(無料)宣伝に繋がってしまうという理由から詳しくは書けなかったけど、ここではズバッと!😉
H.I.S 社主催の「行ってみた~い!憧れのアメリカ・ルート66 妄想ツアー」のシーズン③がこの3月から月一回、計8回の予定で始まるから、興味のある方、予定の付く方、は是非参加してみて!

第1回目は旅の準備編として、紙面に載せたよくある質問を中心に、どんな準備をしていくのが良いのか、についてお話する。2回目以降はルート66を14日間で走る、という大前提でモデルコースを造ってみたので、それで毎回2日ずつ、走って行くという感じなのだ。それでは、また!

記事全文は週刊NY生活ウェブサイト ⇩ まで (18ページです)
https://nyseikatsu.com/editions/854/854.pdf

週刊NY生活月イチ連載 SEASON 4: Vol. 9 民泊に泊まってみよう!

毎月恒例の日系情報誌「週刊NY生活」紙にて連載中「さあ行こう!魅惑の旧街道ルート66」SEASON ④は、今月は民泊を取り上げてみました。
え?それ最近読んだって?すみません、ブログ用とちょっと重複😅

話題がないわけじゃないんだよ。前回も書いたけど、ルート66は今オフシーズンだから、こういう時に未来を見ていろんな準備をしておこう!っていうわけさ。で、民泊もその一環。

と言いながらも、やっぱりルート66上で一生懸命経営しているモーテルが何と言っても私のおススメ!は憶えておいて欲しいかな(笑)
支離滅裂だね、言ってること(書いてること)が😂

あとは、やっぱり自分自身が今民泊ビジネスに少し関わっている、という点もあり。新しい視点を持つと今まで見えてなかったことが見えるようになってくる。うーん、もっともらしいことを言っても言い訳っぽいね。

記事全文は週刊NY生活ウェブサイト ⇩ まで (18ページです)
https://nyseikatsu.com/editions/850/850.pdf

Route 66 Answers by Toshi Goto on Vegani in Viaggio

いやいやいやいや。自分自身でこういうブログを書き世界の不特定多数の人へ発信しておきながら変な言い方だが、他のブロガーに記事を書いてもらうとやっぱり恥ずかしいというか、くすぐったいというか。

先日、イタリアのルート66愛好者仲間から、彼自身のブログ内プロジェクトに参加してくれないかと誘われ、二つ返事で送られてきた質問状に返答したら、こんな素敵な仕上がりに!😎

ということで、今日は Roberto Rossi 氏のブログ、Vegani in Viaggio (旅するヴィーガン、とでも言ったらいいか)に登場させて貰ったのでその紹介で~す

全文英語の記事になるけど、興味あったら読んでみてください。「英語を母国語としない人々向け」とのことだったので、私の英語も結構崩れているけど🤣 まあ、元々崩れてますけど何か?

週刊NY生活月イチ連載 SEASON 4: Vol. 8 来年はイベントに参加しないなあ🙏

早いものでもう一ヶ月経ったみたい。毎月恒例の日系情報誌「週刊NY生活」紙にて連載中「さあ行こう!魅惑の旧街道ルート66」SEASON ④は、先月から無事?再開してるけど、この時期いろんなジレンマがあるんだよね。
なぜって?とっくに忘れてるかもしれないけど、このシーズンはおススメのルートを細かく切り取って週末~3泊ぐらいで行けるコースを紹介するのが当初の目的だったんだよね。でもこのコラムが復帰した季節が何と冬だけに、中々「ここに行ってみて!」って言っても説得力ないでしょ。
ルート66の殆どの区間が寒いだけだし😅

ということで、季節が少し暖かくなるまでは話題を変えてお届けしようと企んだ?第二弾は「イベント」
来年度の春からまた旅行シーズンが始まった時は是非このイベントを目指して!なんて思った書いた矢先にまたまた新たなオミクロン株?
ふ・ざ・け・る・な(おもてなし風に)という感じだろうか。
何はともあれ、皆で上手く乗り切っていきたいよね。

記事全文は週刊NY生活ウェブサイト ⇩ まで (17ページです)
https://nyseikatsu.com/editions/847/847.pdf

TVドラマ「Route 66」が無料で見れるなんて!🤩

ちょっと?いや、かなり古い話になるが、アメリカのCBSで1960年から放送された「ルート66」というTVドラマはご存知だろうか。1964年までの4年間、4シーズンに渡って合計116話にもなる大人気シリーズだ。
と、知ったかで語ってみたけど、もちろんこれは私の生まれる前の、しかも異国での話なので当然私自身もオンタイムでは見ていないし、実際かなり後になるまで知る由もなかったわけだが。。

内容は、名車シボレー・コルベットのオープンカーに乗ってアメリカを横断する若者と、彼らの旅にまつわる出来事を描いた、ある意味「伝統的な」ドラマだ。主演を担当したのは、Martin Milner 氏と George Maharis 氏。トッド・スタイルズ役の Milner 氏とバズ・マードック役の Maharis 氏が仕事と冒険を求めてアメリカの国中を旅する、落ち着きはないが仲良しだったコンビは、実在するハイウェイ「ルート66」をアメリカ国民の意識に定着させるポップカルチャーの重要な機会となった。

とはいえ、この「Route 66」、各エピソードをアメリカ国内の各地でロケをしたものの、実はルート66で撮影されたものは殆ど無いんだ😅
記録によれば、シリーズの撮影はアメリカの25の州と、カナダのオンタリオ州トロントで行われたらしい。
ルート66に関しては初期のエピソード(第1回目を含む)の3つで簡単に言及された他、シーズン①の「The Strengthening Angels」で実際のハイウェイが登場するぐらいなのだ!
「すべてのエピソードが<道路上>で撮影された」数少ない珍しいTVシリーズではあるけど、こんなカラクリがあったなんていかにもアメリカらしい🤣

じゃあ何でこんな話をしているのかって?
それは何とこのTVシリーズが無料で全部見られるから。
今年の夏に、ドラマの権利を持つ The OTR Collection 社は YouTube 上に全116話をアップロードしたのだ!
数年前にまあまあのお金を出して Complete Box をDVD で買ったんだけどなあ。。と愚痴の一つでもこぼしたくなるが、ネットに繋げばいつでも観られるという環境には感謝というべきだろう。そうやって時代は移り変わって行く。。。。。

とまあ、喜んでるのか恨んでるのか、嬉しいのか何なのか、自分で書いてみたものを読んでみると支離滅裂な内容だが、興味のある方は是非ご覧になって欲しい。中々面白いよ。解説によれば著名な脚本家が手がけた一流の脚本らしいから、恰好良く言えば 1960年代後半に訪れる激動の時代を予感させる社会問題を掘り下げていたらしい。
更には当時は若く無名だったが、今では「名優」と称される多くの俳優さんたちの登竜門にもなっていたようだよ。

James Caan, James Coburn, Robert Duvall, Jack Lord, Lee Marvin, Walter Matthau, そして Martin Sheen 等、あなたは何人見つけられるかな?

きっとYouTube に怒られないことを祈って、第一話をここに貼ってみよう。

Enjoy!😎

1年の計はタルサにあり~Route 66 Marathon

さあ、マラソンの開始だ!
©Tulsa World

「ああ、今年もこれで終わるんだなあ」って感じるイベントって何?と、先日何かの話で聞かれたときに頭を過ぎったのが実はこれ、Route 66 Marathon だ。
以前も触れたけど私はランナーでもなければマラソン愛好者でもない。ハーフマラソンは疎か、5キロマラソンすら走ったこともないんだけどね🤣

まずはこちらの映像から。

パンデミックのせいで昨年は何とバーチャル開催となったこのマラソンも、今年は盛大に行われたようだ。
ちょうど去年の同じ頃、このマラソン大会の簡単な歴史と、バーチャル開催になったことについて書いているので詳細をみたい方は ⇩ へ。
https://www.toshi66.com/2020-11-08/

で、今年は大会が始まって15周年ということで記念すべき回であったことは確かだが、そう、ここまで読むと勘の良い人はピンと来たであろう。
2026年、ルート66が生誕100周年を迎える年は、このマラソン大会にとっても20周年という節目じゃないか!
きっといろんな催しがあるのだろうな、と今からワクワクするよね。

マラソンコースは昨年と同じというか、従来のものなんだけど、今年はテクノロジーだよね、コースの「実際の映像」まで届いた。
こんな景色を見ながら走る「らしい」。。。

話は急に変わるけど、昨年より大手旅行代理店、H.I.S のアメリカ・ニューヨーク支社、井手田氏と二人三脚で「ルート66妄想ツアー」などというオンラインでの番組をやらせて貰っているが、私達の当面の目標は2026年での大々的なツアーだ。
お互いの時差を計算し、折を見てはオンライン・ミーティング(聞こえは良いが要は雑談である)でアイデアを話合っているが、先日彼に向って「ルート66マラソン、走ってみたら?」と冗談で言ってみたものの、このような節目的なイベントになってくると冗談では済まなくなってくるような気が勝手にしているのだ。
ただ注意して欲しいのは、走るのはあくまでも彼であって、私ではない😛

タルサのダウンタウンを背景に ©Tulsa World

さてそのルート66マラソン、今年はアプリも出来、電子書籍ならぬ電子カタログ?パンフレット?も出来たようなので、彼らのホームページと、地元 Tulsa World 紙より幾つかイメージで紹介したい。

2022年の申込受付も開始したようなので、興味のある我こそは!というあなた!是非トライしてみてはいかがだろうか。
来年は11月19-20日のようだ!
https://route66marathon.com/

2021年、15周年記念メダル

週刊NY生活月イチ連載 SEASON 4: Vol. 7 Miles of Possibility 2021 リモートで登壇!?

さて、今日は久しぶりのネタ。
今年6月19日以来ってことかな、毎月恒例の日系情報誌「週刊NY生活」紙にて連載中「さあ行こう!魅惑の旧街道ルート66」SEASON ④は、長い夏休みを経て、今月号から再開だよ!

このブログを読んでくれている方々には申し訳ない。内容が重複してる😅
先日のイリノイ州で開催された「マイルズ・オブ・ポッシビリティー・カンファレンス」の件で書きました。

記事全文は週刊NY生活ウェブサイト ⇩ まで (18ページです)
https://nyseikatsu.com/editions/843/843.pdf

これは外せない?2022 Route 66 Road Fest ✨

「COVID-19 感染拡大の懸念から Route 66 Road Fest、来年に延期!」というショッキングなニュースが出たのが今年の2月のことだった。

ここのブログでもお伝えしている、AAA(全米自動車連盟)と、ルート66の初めてのコラボ。私自身もとても楽しみにしていたのだが、2021年は開催中止の憂き目をみたんだ。
詳しくはこちらを。 https://www.toshi66.com/2020-11-01

年頭を思い返して欲しい。東京は 1月 7日より緊急事態宣言に入り、2月はその「延長」となり、まだまだ先が思いやられたが、アメリカからはワクチン接種が進んでいることもあり、状況は改善に向かっているように見えたよね。だから実は個人的にはその決断は早すぎるか、慎重すぎる、なんて思っていたんだ。

だけどこれを書いている現在、世界はデルタ変異株の出現と共に未だ長い戦いが続いている。MLBは無事開幕し、多くの観客を集めているにも関わらず、それが原因で再び大流行!のような話は聞こえてこない。
が、それと同時にイベントの舞台となるオクラホマ州やそのお隣、ミズーリ州などはワクチン接種率が比較的低い州とも聞いている。今となっては彼らの決断は正しかった。

だけどそんな中何と!来年2022年の日程が発表されたのだ!😍
6月18日、19日はオクラホマ・シティで、25地、26日はタルサでの開催。
さすがにその頃には世の中良い方向に向かってくれてないと困るので、もう早速カレンダーにマーク ❗ その時は一時帰国なのか、それともアメリカ生活に帰っているのか、そんな夢すら見れる晩夏だ。

イベントのホームページからプロモ用の映像があるので是非ご覧あれ。



来年の6月はオクラホマ州でお会しましょう!😎

https://route66roadfest.com/

Page 2 of 10

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

Translate »