Laurel
2016年1月28日、ルート66は大きな財産をまた一つ失った。ローレル・ケイン(Laurel Kane)、オクラホマ州アフトンにあるパッカード・ミュージアムで多くのルート66愛好家を持て成してくれた「母」だ。
前夫デイビッドによると、彼自身とローレルの娘さん、そしてローレルの長年の親友ロイ・マッコイ氏らに看取られ静かに永遠の眠りについたという。

コネチカット州出身のデイビッドとローレルは、1930年代に 建てられた DX Gas Station を購入後、1998年におよそ 2年間の月日をかけて修復。
2002年、オクラホマ州に移住した後、ローレルは毎週毎週ルート66とそのミュージアムに訪れる観光客達に笑顔を振りまいた。
記録によればローレルは生前、約18か国から来た7000人以上のお客さんを持て成したらしい。

私が彼女に会ったのは実はたったの一回、それもわずか 2時間程度だ。
それは暑い8月の土曜日の午後だった。「早く来ないと閉めちゃうからな」、そうロンに言われて、なぜか必要以上に車を飛ばした。

私は残念ながら「虫の知らせ」のようなデリケートな感覚は持ち合わせちゃいない。それまでにそのミュージアムは3回ほど立ち寄ったけど、タイミングが悪く、一度もローレルには会ったことがなかった。だからだろうか?「今回はどうしても会わないと帰れない」、なぜかそう思ったことは憶えている。

「一期一会」
この言葉を今日ほどはっきり、強く、鮮明に感じたことはない。
あの夏に出会えて良かった。本当に短い時間だったけど、楽しい、笑うい声の絶えない話が出来て本当に良かった。日本でルート66のアソシエーションを立ち上げたことを心から喜んでくれた。

彼女の笑顔は、ホスピタリティの心は、そしてルート66への情熱は、この共通の「道」を愛する大勢の旅人の中に永遠に残ると思う。
ローレル、お疲れ様。安らかに。