今日の話題はちょっと変わってベースボールのお話。
これは昨年の出来事だけど、ルート66を旅する途中、ミズーリ州セントルイスに立ち寄る機会があった。かなりのスポーツ狂としては、セントルイスまで来たらやはり聖地「ブッシュ・スタジアム」に行かないわけにはいかない。残念ながらその時はオフシーズンで、チームはスプリングトレーニング中なので、「じゃあ意味がないじゃないか」というご指摘もありそうだけど、それもファンの醍醐味ってことで ご勘弁を。(下の掲載写真はシーズン中に撮ったもの)

セントルイス・カージナルスは、2000年以降ほぼ毎年ポストシーズンに参加していたし、以前は田口壮選手も在籍していたので、ご存知の方も多いのでは?でもやっぱり私には1998年に当時シカゴ・カブスのサミー・ソーサ選手と本塁打争いをした、私の最も敬愛するMLBプレイヤー、マーク・マグワイア選手の存在が、「ミスター・オズの魔法使い」(オジー・スミス選手)と同じ位印象深いかなあ。

セントルイスのダウンタウンは、スポーツファンにとっては天国のような街。街中に宿を構えればカーディナルスは勿論、セントルイス・ブルース(NHLアイスホッケー)のスタジアムも徒歩圏内。更には観光客様にはしっかりお金を落としてもらうように、スタジアム周辺にはレストラン、お土産屋さんが並び、何と野球博物館まで完備している。チームストアにも殿堂入り名選手を始め、しっかり潤沢にファンの心をくすぐるアイテムがしっかりと用意されているのだ。

Team Store
TeamStore2

そんな高揚した気分で更に南下してスプリングフィールドという街まで足を伸ばしてみる。街中を徒歩散策していると街頭には何やら見慣れた?赤い鳥さんが。

そこでハッと気付く、「そうだよ、そうだよ。ここはカージナルスのマイナーリーグ、AAのスプリングフィールド・カージナルスがある所じゃないか!」早速ここでもスタジアムを訪問することにした。

勿論こちらもシーズン前だからスタジアムは閉鎖中。だけど幸運にもグッズの売られる球場併設のチームストアは営業中だったので、そこの店員さんに「何とか中に入れてもらえないか」と交渉してみると、あっさりと「いいよ、でも整備中だからその邪魔はしないでね」。
マジ?本当?
(さすがアメリカ、どうよこの柔軟性!どっかの国も見習わないと!)
さすがに少し耳を疑ったが相手は笑顔。「そんな笑顔をしても、お店では何も買わないよ」と心の中で呟きながら私も目一杯の笑顔で入れてもらう。結局キャップを買ったのだが・・

実はマイナーリーグ、これが結構面白いんだ。メジャーに比べて入場料は格安なのだ!($6 ~$12 ぐらい)まさに「アメリカン・パスタイム」(アメリカの娯楽)がそこにある。いつ来ても良し、いつ帰っても良し。家族、友人皆でパーティ気分で盛り上がる。試合なんか全然見てない人も沢山いるし、中には何と読書をしてる人までいる始末💦
でもね、ここで頑張った選手がメジャーに上がり、MLBの試合に出てくる時はまるで我が子が育ったかのようにテンション上がるってわけ(笑)

ルート66にはスポーツもいっぱい!素晴らしい季節がやってくる予感は特大だっ😎